わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Four & More ~ドラマー必聴の1枚

Four & More
マイルス・デイビス

本作は「トニー・ウイリアムス(Dr)が凄すぎる」の一言に尽きる。彼の奏法は非常に刺激的で研究材料としても面白い。このレコーディングのとき彼はなんとまだ19才であったという。
タイムキープの主役をシンバルレガート、そして2拍目4拍目にハイハットでビートの重心をおく伝統的なジャズドラミングから、両手両足でドラムセットを駆使した自由な発想のドラミングへと解放したともいえるだろう。

また小節を3-3-3-3-2という分割方法を取ったり5-5-6と取ったりとする数学的でポリリズミックな発想も彼ならではの特徴である。
それから「拍の転調」とも呼ばれる「メトリック・モジュレーション」という考え方が頻繁に登場するのも彼の特徴だ。たとえば3拍子の曲においては各ビートを2拍3連と解釈し、そこへ3拍2連をかぶせてフォービートで演奏するといった感じだ。

ベースとのコンビネーションも注目に値する。ロン・カーター(B)の自由方便な音使いとスリリングなオントップのドライブ感は、同じオントップのタイム感をもつトニーのドラムと非常に相性がいい。
それにハービー・ハンコックのビハインド気味なビート感が鋭いビートに色気を添えている。新しい感覚を求めていたマイルスはこのリズムセクションをいたく気に入っていたというのも深くうなづける話である。

同じライブレコーディングの中でアップテンポが本作に集められている。スロー~ミディアムテンポの曲は「My Funny Valentine」のほうに収められており、こちらも名盤であるのはいうまでも無い。

曲目リスト
1. So What
2. Walkin'
3. Joshua
4. Go-Go (Theme And Announcement)
5. Four
6. Seven Steps To Heaven
7. There Is No Greater Love
8. Go-Go (Theme And Announcement)

Four & More

同レコーディングにてのスロー~ミディアムテンポをあつめたのがこちら。

My Funny Valentine
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/77-4f9bfea3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
243位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。