わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tower Of Power ~ベイエリアファンクの決定盤

Tower Of Power
タワー・オブ・パワー


まずは1曲目の「What Is Hip? 」でノックアウトされるべし。1970年代アメリカはサンフランシスコ州オークランドでうまれたファンクバンド。いわゆる「ベイエリア・ファンク」でメンバーが白人であるのに非常に「黒い」演奏である。

オークランドはベイエリアと呼ばれるからに港町である。そこには黒人白人南米人アジア人などさまざまな人種が生活し多種多様な文化や価値観が混在している土地でもある。様々な考えの人がいるからこそ価値観の衝突があったりもするので「いわゆる危険地帯」でもある。
その反面様々な文化があるから垣根を越えた価値観をもつ自由人「ヒッピーな人」も多い。だからこそ人種の垣根を超えた音楽が生まれやすい土壌だったのかもしれない。

また本作はスリリングな演奏もあるかと思えばバラードも名曲ぞろいでバリエーションに富んでおりバランスが良い作品。これはTower Of Powerの作品全体でいえることだ。
デヴィッド・ガルバルディ(Dr)の緻密でルーディメンタルなドラミングとホーンセクションやコンガとのコンビネーション、そしてロッコ・プレスティア(B)の音の伸ばし方が独特なベースライン、バリトンサックスの使い方が特徴的でメカニカルなホーンセクション、コーラスのハーモニーなど聴きどころが満載である。
特にガルバルディのドラミングは数々のパラディドル(ルーディメントの手順)がアイデアの源となっておりとても興味深い。現在でも研究材料として伝説としてドラム方面では採り上げられることが多い。

曲目リスト
1. What Is Hip?
2. Clever Girl
3. This Time It's Real
4. Will I Ever Find A Love?
5. Get Yo' Feet Back On The Ground
6. So Very Hard To Go
7. Soul Vaccination
8. Both Sorry Over Nothin'
9. Clean Slate
10. Just Another Day

Tower of Power



デヴィッド・ガルバルディの作った教則本。単純なパラディドル(RLRR LRLL)でドラムセットを叩くことからはじまり次第に複雑なパターンになってゆく。しかし一貫して守らなければいけないことは「キレイな音を出すこと」と「グルーブすること」である。

デヴィッドガリバルディ フューチャーサウンド(CD付) ファンクドラム強化メソッド
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/76-0e09a210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
245位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。