わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Young Father's Song ~丸山繁雄の個性

A Young Father's Song
丸山繁雄


ありきたりのジャズシンガーで終わっていないところに丸山繁雄の良さがある。それは何かというと「丸山繁雄らしさ」なのである。個性というと異質性や特異性を強調するあまり浮き出た「他者との違い」に目がゆきがちなのが、彼の個性は聴けば聞くほどオーソドックスな基礎に根付いた技術に裏付けられていることがわかる。

息継ぎの場所を気にしながら聞いてみると、相当なロングブレスの持ち主であることが分かる。クリアな音程の声区の切り替えにフォーカスを当てると、確かなチェストボイスの発声が基礎にあることが分かる。そういった確かな基礎技術を持ち得たからこそ自由に自分の内部にある思いに翼を与えて羽ばたかせることが出来るのだ。

また、サンバの名曲I Sing Samba(彼の自作)が入っているのがうれしい。時代が一巡りした今、これが現在のクラブシーンにて若者たちに受けているというのだ。ここで聴かれるのが彼の最大の特徴である即興スキャット。彼から出てくるフレーズはフレーズ集から拝借したような手垢の付いた変に気取ったメロディーではなく、純粋に彼の中から生まれたフレーズなのだという想像に難くはない。彼の自己表現は器楽奏者と対等に渡り合っており勇ましさを感じざるを得ない。

個人的には最終曲のビートルズの名曲Here The And Everywhereが心に沁みる。この曲がジャンルの垣根を越えて多くの人々に愛される理由が分かるとともに、この人は本当に歌うことが好きということがよくわかる。

本作は事実上の1作目、デビュー作からしてこのレベルである。「太郎」というネコに食べ物を手から食べさせるジャケットが印象的。このとき彼は29歳という。このネコは曲中にも登場し、これが発売されてから約10年くらい生きており、みんなから非常にかわいがられたという。

曲目リスト
1. スプリング・バーゲン~イントロ・ダクション
2. ア・ヤング・ファーザーズ・ソング
3. ロンリー・タウン
4. アイ・シング・サンバ
5. 太郎ザ・キャット
6. マライカ
7. ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア


ア・ヤング・ファーザース・ソング(廉価盤)

また、彼は学術的な執筆者としてもその才能を発揮している。

ジャズ・マンとその時代―アフリカン・アメリカンの苦難の歴史と音楽


スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/71-5dc07b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
186位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。