わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Moon Beams ビル・エバンス ~人生の転換期の1枚

Moon Beams
ビル・エバンス


最近はほとんどクラシックばかりでジャズを聴かなくなったのだが、たまにジャズやロックを聴くと「おかえりなさい」という感情と「ふるさとへ戻ってきた」という感情が交差する。帰省という言葉があるのだがたまには自分の耳を作ってくれた音楽へ立ち戻るというのも良いのではないかと思う。

さて、本作はビル・エバンスの作品の中でも地味なほうというのが通説である。それもそのはず、ビル最愛のベーシストであるスコット・ラファロを交通事故で失った後に、チャック・イスラエルを新ベーシストに迎えて録音されたトリオだからだ。スコット・ラファロを失った当時のビルは相当心が折れていたのではないかと思うのだが、心にぽっかりと空いた穴へ新メンバーとして加入たチャック・イスラエルである。前任者と比べられるのは後任の性で当然のことである。

アンサンブルの中でグイグイと自己主張をしてくるスコット・ラファロと比べてチャック・イスラエルはサウンドのサポートに注力しているというスタンスがラファロファンにとって「サウンドが地味になった」と取られるのは致し方ない。「ワルツ・フォー・デビー」や「サンデー・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」と比べればベースの奏でるカウンターメロディーは格段におとなしくなっている。

これはある意味ビルの音楽性の変化がベーシストの選定に影響をあたえているのではないかと思う。確かにチャック・イスラエルはラファロほどグイグイと自己主張をしないのだがルートやコードトーンを弾き続ける野暮なまねはせず、程よい自己主張を残しながらも役割の根幹はバンドサウンドのサポートというスタンスなのだ。

ピアノのメロディーやドラムのブラシのこすれるさまに身を任せているのだが、いつのまにかベースに合わせて体が動いているのである。メロディーはピアノでパルスはドラムなのだが、楽曲のグルーブはベースなのである。チャック・イスラエルは楽曲の非常に良いところでリズム面やハーモニー面で「顔を出してくる」のである。かゆいところに手が届いているのだ。いうなれば職業ベーシストの鏡でエレキベースでいうと高水健司のようである。

派手さはないもののこういった名作は時代の勢いに埋もれそうで埋もれない。なぜならば転換期には過去を振り返り未来を思う心がそこにあるからだ。本作はビルの「再出発」を象徴する人生のランドマーク的な1枚ではないかと思う。

Moon Beams
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

わんわんわん様 こんばんは

自分もビル・エヴァンスは大好きで色々聴いていますが、これは入門の頃に買った覚えがあります。
確か
代表作として抑えるべき5枚として紹介されていて
ジャケの美しさにもつられた覚えがあります。

バラード中心ですがメロディーがとても甘くて
好きなアルバムです。
久しぶりに聴きましたがやっぱり綺麗な音楽で
とても和みました。

本作では
ベースにはあんまり注目していなかったのですが
確かに縁の下の力持ち的なポジションで貢献大。
スコット・ラファロでは
こういう風にはならないですものね。

それではよいお年を。
来年もよろしくお願いいたします。


GAOHEWGII さんへ

コメントありがとうございます。

わんわんわん様 こんばんは
>
> 自分もビル・エヴァンスは大好きで色々聴いていますが、これは入門の頃に買った覚えがあります。
> 確か
> 代表作として抑えるべき5枚として紹介されていて
> ジャケの美しさにもつられた覚えがあります。
>

改めてみると良いジャケットですね。

> バラード中心ですがメロディーがとても甘くて
> 好きなアルバムです。
> 久しぶりに聴きましたがやっぱり綺麗な音楽で
> とても和みました。
>
全体を通して楽曲にバラードが多くトゲが少ないのですが、それがまたエバンスのドビュッシーに通ずるハーモニーやタッチに会うのですよね。でも甘えみたいなところはなく凛としているのですよね。とにかくこのころのエバンスはいよいよこれからというときに突然心に空いた穴を埋めるのに必死だったのでしょうね。

> 本作では
> ベースにはあんまり注目していなかったのですが
> 確かに縁の下の力持ち的なポジションで貢献大。
> スコット・ラファロでは
> こういう風にはならないですものね。
>

そうですね、ラファロはとにかくグイグイくるので、そこからエバンスがインスパイヤを受けて返すみたいなJAZZらしいやりとりがあって良いですが、チャック・イスラエルは別のベクトルですね。ベースラインも実にベーシストらしいプレイですが、始終ボトムを下から支え続けているのではなく良いところでハイポジションやフラジオが顔を出すのです。これは耳とセンスが良くないとできないので、きっとこの辺をエバンスに買われたのではないかと思います。

> それではよいお年を。
> 来年もよろしくお願いいたします。

こちらこそ来年もよろしくお願いいたします。
よいお年を。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/391-43b59a44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
245位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。