わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽神 EW&F ~やっぱり自分は黒人ではないかと錯覚してしまう名盤

太陽神
EW&F


「耳が飢える」という状況がある。音楽好きなみなさんは一度ならずともこの「耳が飢える」状況になったことがあったはずである。「これが聴きたくてたまらない」という焦燥感に駆られる感覚だ。かつて聴いた音楽を耳が覚えており、それがひょっこりと記憶のハザマから顔をだすのである。

なぜだろう、なぜ本作を記事にすることとなったのか深層心理の世界の出来事なのではっきり分からない。正直巷でなられている音楽でアース・ウインド・アンド・ファイヤーズ(以下EW&F)のサウンドをまねたポップス、もといインスパイヤーされた音楽は腐るほどある。街を歩いているときにEW&Fオマージュサウンドが耳に飛び込んできたのかもしれない。

本作は数々のポップスに影響を与えたEW&Fの代表作。キーボードとエレキギターのカッティングから繰り出されるタイトなリズム。そして洗練されたハーモニー進行にのったタンギングの効いたパンチのある都会的なブラス。そして躍動感と上品さを兼ね備えたモーリス・ホワイトやフィリップ・ベイリーのファルセットを多用したボーカル、これらに対するバーダイン・ホワイトのめちゃくちゃエグくて生々しいベースワーク。

これらがいっぺんに束になって襲ってくるので、それはもう体が動いて仕方がない。ましてや「耳が飢える」状態でこれを聞くと危険なほどの快楽が襲ってくるのである。これぞ極上のエンターテイメント。クラシックを聴く機会が圧倒的に増えた自分にとってEW&Fサウンドは久しぶりの友人に会った気分になり、自分が黒人ではないかという錯覚に陥るほどの懐かしさである。


太陽神
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

ワンワンワンさん、お邪魔いたします。
あーこのアルバムはヤバイですよ。
このアルバムが街中でかかったとしましょう。
多分、すべての行動を取りやめて、曲に集中すると思われます。

jamkenさんへ

コメントありがとうございます。

> ワンワンワンさん、お邪魔いたします。
> あーこのアルバムはヤバイですよ。
> このアルバムが街中でかかったとしましょう。
> 多分、すべての行動を取りやめて、曲に集中すると思われます。
えぇ、非常にヤバイですね。たくさん真似されて巷に溢れかえっている手垢つきまくりのサウンドにもかかわらず、耳に入ってきたらいても立っておられず体が動いてしまう。コピーされてもなお強烈な個性の印象はやはりオリジナルのチカラですね。

わんわんわん様 こんばんは

普段、何も考えずに浴びていたEW&Fですが
言われてみると凄い情報量が詰まっているな、
と今更ながら気づかされました。

数々のグループがリスペクトしつつも
この濃厚さだけはなかなか身に付かなそうですね。

Gaoさんへ

コメントありがとうございます。

> わんわんわん様 こんばんは
>
> 普段、何も考えずに浴びていたEW&Fですが
> 言われてみると凄い情報量が詰まっているな、
> と今更ながら気づかされました。

EW&Fの情報量の多さに気づかれましたというGAOHEWGIIさん、さすが「耳の付け所」がスーパーVIPです。
POPでありながらマニアック、器楽的な分野からミックスダウンに関するサウンドメイキングまでとてつもない情報量というか彼らなりに咀嚼されたかっこいい音楽のエッセンスが詰まっているのが本作であります。「耳が飢えていた」わんわんわんは久しぶりに聴いてあふれ涙がでました。

> 数々のグループがリスペクトしつつも
> この濃厚さだけはなかなか身に付かなそうですね。

EW&Fは現代的で都会的なPOPサウンドのひな形みたいなものであります。都会的なファンクサウンドのステレオタイプという符号として引用されてきた楽曲と、彼らの作り出すサウンドの決定的な違いはまげて解釈するならば「芸人魂」でしょうか。舞台というか劇場というか大人数の観客の前で鍛え抜かれてきたパフォーマンスの心。大衆の喜びは自らの喜び、自らの存在価値というようなエンターテイメントに徹底した「プロ根性」でしょう。
決して「ファッションとしての都会的サウンド」に終始していないパフォーマンスの姿勢、これがサウンドの濃厚さにつながっているのではないかとおもわれます。

今思うとわんわんんわんが道楽として追求し続けた「芸人魂」が、音楽でちびっこたちの若い世代に「感動のあまり身動きができなくなる」というロジカルな思考を超えた「極めて人間的な行動」を語り継ぐという社会貢献につながって自分の姿勢と重なる部分があって心の琴線に触れたのだとおもいます。

とにかくEW&Fの彼らは間違えることなく「徹底したプロ集団」なのです。アーカイブとして自由に彼らのパフォーマンスに触れることのできる現代に感謝であります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/383-071add04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1991位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
186位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。