わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスト・ブラス PJBE ~金管アンサンブルの素晴らしい名盤

ジャスト・ブラス
フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル


最近は金管アンサンブルに凝っている。しかし悲しいことに「金管アンサンブルもの」はCDショップのクラシック売り場の中でも少数派の扱いだ。クラシック売り場のうちの棚1~2本が吹奏楽関連。吹奏楽関連の大半はコンクール曲集。さらに続いて楽器別のアルバム。金管アンサンブルものが売り場として割り当てられているのはわずか10〜20cmくらい。売り上げに基づいて棚構成が決まると考えれば、なにかと金管アンサンブルものはクラシックの中でも肩身の狭い存在である。

本作は正直に言うと「ジャケ買い」の1枚だった。並べられた楽器を取り囲むように7人のメンバーが並ぶ。服装の感じからはおそらく1970年あたりのもの。ジャケットの感じからなんとなく「アタリ」の予感がしたのである。直感を信じてレジへ向かう。このように「直感を信じて」作品に出合えるというのは、ネットで何でも買える時代とはいえ実店舗をぶらぶらするメリットなのである。

ゆくゆく調べてみると「ブラスアンサンブルの金字塔」だとか「決定版」だとか「必携のディスク」だとかいろいろ書き連ねてある。ちょっとほめすぎなのではと思いつつも実際に聴いてみると、楽曲のよさや演奏者のレベルの高さに驚かされる。これらの評価は決して過大評価ではなく正当な評価なのだと気が付く。

楽器には「固定音楽器」と「作音楽器」という種類分けがある。ピアノは「ネコが乗っても音が出る」とも言われ固定音楽器の代表格だ。それに対し管楽器は誰が吹いても正しい音がでるわけでもなく、「出そうと思っている音程・ピッチ・音色を狙いにゆく」楽器なのである。人の歌声と似たようなところがある。

フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルのすごいところは、この作音状況(変な言い回しなのだが)が素晴らしくピッチの取り方をとっても完璧である。たとえば完全5度ハーモニーはルート音(根音)に対し、やや上ずりめのピッチで音を重ねると響きがかっちりと決まるのだが、まるで一人の人間がピッチをコントロールしているかのように、どんなハーモニーも美しく響く。各個人の技量は言うまでもなくアンサンブルとして譜面の向こう側を読み取り、それを適切に再現するテクニックと耳の良さは非常に勉強になるとともに楽しんで聴ける。

エヴァルドの五重奏が入っているのも高ポイントの一つでもある。長きにわたって自分の愛聴盤になる1枚に出合えてうれしいのだが、市場原理の冷酷さにがっかりする1枚だ。


ジャスト・ブラス
【関連記事】
■アルメニアン・ダンス全曲 フェネル ~日本最高レベルの吹奏楽団が本気を出した名盤
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

懐かしいジャケット写真

こんばんは。
このCDと同じジャケットのLP盤を持っています。
フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル、ほんと良いですね。
よく聴いていました。金管アンサンブルというカテゴリーを確立させた功績は絶大ですね。

昔あれ程ヒットしたのに、という作品さえ店舗に並ばない時代になりました…。

akifuyu102さんへ

コメントありがとうございます。

LP盤の時代からある由緒正しい名盤なのですね。
楽曲も程よくモダンで内容良しジャケット良しで言うこと無しですが入手性がよくないのが残念。
> こんばんは。
> このCDと同じジャケットのLP盤を持っています。
> フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル、ほんと良いですね。
> よく聴いていました。金管アンサンブルというカテゴリーを確立させた功績は絶大ですね。

Beat Wolfさんへ

コメントありがとうございます。
ひょっとすると逆に店頭へ出向く時代ではなくなっているのかもしれません。

> 昔あれ程ヒットしたのに、という作品さえ店舗に並ばない時代になりました…。

わんわんわん様 こんばんは

確かにかっちょいいジャケですね。
自分のcd棚にも
金管アンサンブルは一枚もありませんでした。

吹奏楽器のハーモニーがぴったり合わさっているというのは凄い状態なのですね。

少しyoutubeで聴きましたが、確かに凄いチームワークで綺麗なアンサンブルでした。

金管アンサンブル自体も、
原子心母のインスト・パートみたいな(多分こっちが後ですが)
ダンディズムがあって良かったです。

GAOHEWGII さんへ

コメントありがとうございます。

本作はジャケ良し内容良しの良いことづくめな1枚です。
プレイヤーにのせて曲をかけて数秒で気に入った1枚です。

作音楽器のピッチを合わせるのはほんとに「耳が良くないとできない技」です。
いろんな倍音成分を聞きあてる技術と周りの音を聞く技術、自分の音を聴く技術、
すべての技術がしっかりしていないとハーモニーがガタガタになってしまします。
一人二人なら良いのですが5~10人、オーケストラですと…考えれば考えるほど
ハードルが高くなってゆきます。

ピンクフロイドですか、GAOHEWGII さんらしい渋いチョイスに脱帽です。

> わんわんわん様 こんばんは
>
> 確かにかっちょいいジャケですね。
> 自分のcd棚にも
> 金管アンサンブルは一枚もありませんでした。
>
> 吹奏楽器のハーモニーがぴったり合わさっているというのは凄い状態なのですね。
>
> 少しyoutubeで聴きましたが、確かに凄いチームワークで綺麗なアンサンブルでした。
>
> 金管アンサンブル自体も、
> 原子心母のインスト・パートみたいな(多分こっちが後ですが)
> ダンディズムがあって良かったです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/379-5855e023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
245位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。