わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Puttin' It Together エルビン・ジョーンズ

Puttin' It Together
エルビン・ジョーンズ


エルビン・ジョーンズは不思議なドラマーである。彼のたたきだすリズムがとてつもなく不思議なのである。スローテンポなバラッドにおけるプレイがとてつもなくスリリングであったり、早いテンポでどんなに手数足数を突っ込もうが不思議とガチャガチャしていない。ゆるいリズムなのだがスピード感があるかと思えば、スピード感たっぷりのアップテンポなのにビートとビートの間にたっぷりの空間があるのだ。アート・ブレイキーの伝統的なジャズドラムスタイルを引き継ぎながらも確固たる個性があるのは独特のタイム感がそうさせるのではないだろうか。

ジャストのタイミングを基準に考えて前にビートのポイントがあるのを「前ノリ」、後ろにポイントがある場合を「後ノリ」というのだが、エルビン・ジョーンズはこのリズムのニュアンスを自由自在にコントロールできるのである。特にアフロキューバンリズムにおいてはビートのポイントがグラングランに揺れ動いているのに聴いてるこちらは体が勝手に動いてしまう。現代のポップスなどのかっちりしたタイム感になれた耳からすると彼のタイム感は相当異端なのだが、いつの間にかあのつかみどころのない「スリルと緩さが同居する」独特のタイム感に「とりこ」となってしまうのである。

本作はエルビン・ジョーンズがブルーノートレーベルに残した「ピアノ抜きトリオ」の作品。おなじみコルトレーンカルテットのベースを担当した朋友ジミー・ギャリソン、のちにチック・コリアのリターントウーフォーエバーに加入してブレイクしたリード奏者ジョー・ファレルのメロディー、エルビン・ジョーンズのドラム、この三者しかいないのに非常にカラフルでリズミックでメロディアスな演奏になっている。

ブルーノートレーベルの勢いが落ちかけた時代の作品であるため、いささか注目度は落ちるのだがエルビンのファンとしてはぜったい外せない1枚である。そんな背景があるため悲しいことに今日現在では非常に入手が困難でまさに歴史に埋もれた名盤となってしまったもったいない1枚でもある。



プッティン・イット・トゥゲザー

■「エルヴィン・ジョーンズ:ディファレント・ドラマー」&「ジャッキー・バイアード:エニシング・フォー・ジャズ」
エルビン・ジョーンズの教則的なドキュメンタリー作品。彼のメロディックなアプローチの秘密がここにある。ジャッキー・バイアードの映像も入っているいわゆる「2 in 1」もの。お得である。

「エルヴィン・ジョーンズ:ディファレント・ドラマー」&「ジャッキー・バイアード:エニシング・フォー・ジャズ」 [DVD]

【関連記事】
■Something For Lester レイ・ブラウン~ピアノトリオの名盤
■Encounter! ペッパー・アダムス ~収録メンバー良し、バリサクの名手の名盤。
■Individualism of Gil Evans Gil Evans ~ジャズのオーケストレーションへ革命をもたらした1枚
■Overseas トミー・フラナガン ~猛烈にスイングするピアノトリオの大名盤
■Coltrane's Sound ジョン・コルトレーン ~エルビンの活きの良さを味わう
■ジョン・コルトレーン&ジョニー・ハートマン ~バラッドと双璧をなす名盤
■デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン ~1曲目だけで元が取れてしまいます。
■Coltrane Play the Blues ~これを聴いたことがないひとは直ぐに聴くべし!
■Return to Forever ~フュージョンの幕開け
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

エルヴィン・ジョーンズといったら、

私にとっては「ライヴ・アット・ザ・ライトハウス」です。
やはりピアノレスですが、フロントは二人のコルトレーンまがい(笑)

トラっち。 さんへ

コメントありがとうございます。

1曲目のドナルド・バード作曲「ファンシーフリー」でのドラミングが良い意味で自由すぎる魚と灯台のアレですね。もちろんアレも大名盤です。

そしてフロントを務めるのはデイブ・リーブマンとスティーブ・グロスマンのご両人。どちらもコルトレーンフリークな人ですね。

> 私にとっては「ライヴ・アット・ザ・ライトハウス」です。
> やはりピアノレスですが、フロントは二人のコルトレーンまがい(笑)

わんわんわん様

こんばんは

コマーシャル路線に走った、この時期のブルーノートも好きです。これもyoutubeで探して聴いてみましたが、楽しいアルバムですね。ピッコロが新鮮でした。

メイナード・ファーガソンのこの間のやつはゲットして聴いています。よくよく棚を眺めたらデューク・エリントンやカウント・ベイシーなど、有名どころのビッグバンド作品はあったので、併せて聴き直そうと思います。
 

GAOHEWGII さんへ

コメントありがとうございます。

じつはわんわんわんも後期ブルーノートストレートアヘッドなジャズじゃないものは好きですね。
マリーナ・ショウの「Who is This Bitch,Anyway?」だとかは絶品でちびってしまうくらいです。
ここでエレキベースを弾いているチャック・レイニーがこれまたええ仕事してはるのです。

メイナード・ファーガソンは早速ゲットされたとのことで。おめでとうございます。
あの「ピュー!」だの「キュー!」だのというトランペットのハイノートに虜になりますよ。
「スタートレックのテーマ」を聞くと「ニューヨークへ行きたいか!?」だの「ニューヨークへジャストミート!!」だのと血が騒ぎます(おっさんの証拠です)。

デューク・エリントンやカウント・ベイシーなどのビッグバンドものはわんわんわんの過去記事を参考にしていただければ間違いないと思います。

> わんわんわん様
>
> こんばんは
>
> コマーシャル路線に走った、この時期のブルーノートも好きです。これもyoutubeで探して聴いてみましたが、楽しいアルバムですね。ピッコロが新鮮でした。
>
> メイナード・ファーガソンのこの間のやつはゲットして聴いています。よくよく棚を眺めたらデューク・エリントンやカウント・ベイシーなど、有名どころのビッグバンド作品はあったので、併せて聴き直そうと思います。
>  

ビートルズの大好きなレコードの中にも、CD化されないままの名盤があります…。

Beat Wolf さんへ

コメントありがとうございます。

ビートルズはほんとに未CD化音源やブートレッグなどが多そうですよね。
それこそ一生かかっても聴き終えることは無理であるほど未開拓音源がありそうですね。

> ビートルズの大好きなレコードの中にも、CD化されないままの名盤があります…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/369-06c1d466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3060位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
293位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。