わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Night Train オスカー・ピーターソン ~だれが聴いても納得の大名盤

Night Train
オスカー・ピーターソン

「プリーズ・リクエスト」とともに本作をオスカー・ピーターソン・トリオの最高傑作と位置づけるひともかなり多く、JAZZ名盤案内の類の書籍を紐解けばかなりの確率でマイルス・デイビスの「So What」や「'Round About Midnight」などと同様に取り上げられている。

それはピーターソントリオ独特のカッチリとした編曲も寄与してのことだが、ジャズピアノの醍醐味ともいえる明快さやスイング感が非常にわかりやすく提示されているからではないだろうか。本当にだれが見ても太鼓判を押せるほどのクオリティーである。これだけしつこいくらいオススメされている1枚なので、未所有未聴のひとは早速チェックしていただきたいのだが、本作が決して初心者マーク限定ではないことは聴けば聴きこむほど明らかになってゆく1枚でもある。

ジャズにおけるピアノトリオというのはピアノ・ベース・ドラムの三者がそれぞれ三角形の頂点に例えられる。楽器同士の関係性の話である。どの頂点が欠けても三角形が成立せずピアノトリオにはなりえないのであるが、この事を大前提に本作をピアニスト目線・ベーシスト目線・ドラマー目線で聴きこむとびっくりするぐらい度肝を抜かれてしまうのである。ピーターソンの卓越したテクニックはもちろんのことレイ・ブラウンの「超お手本」ともいうべきベースラインの組み立て方、エド・シグペンの音色や場面展開やグルーブに対する気配りなど聴けば聴くほど引き込まれてゆくのである。

ピーターソンのメロディの歌わせ方とコンピングのバランス、各指のダイナミクスのつけ方。そしてレイ・ブラウンの1拍の長さ、ピッチの正確さ、場面ごとの音域の選び方。さらにはシグペンのとても冷静な手元が繰り出す音色コントロール、ブラシにおいてのアクセントはブラシのミート部(ブラシの中ほどの部分)を使ってメタルスネア独特の低音をハズレなく引き出し、ブラシの軌道はメロディーやグルーブに対してはまさに理想。そして場面展開におけるシンバルチョイスや時折さらっと繰り出される手足を駆使したメカニカルな超絶フレーズには舌を巻くばかりである。

各々の楽器に着目してもこれだけ聴きどころが満載であるのだが本作を決定的に「歴史的名盤」たらしめている所以は、各楽器が繰り出すフレーズやテクニックの先には必ずリスナーがいるということである。ピアノが「抜き足差し足」のフレーズを繰り出したらベースもドラムもそれに追随しベースやドラムが次の展開を予兆するフレーズで場面が変化してゆく。ピアノもベースもドラムも楽器同志の絡みなどが楽曲の仕上がりというかリスナーに対する気配りが半端ない。アドリブ部分であってもまるで演奏が設計されていたかのように非常に客観的に即興で繰り広げられてゆくのである。

楽曲のチョイスや演奏などが初心者にはわかりやすく、そして楽器演奏をするような上級者には奥行深く響く。本作が幅広い層に愛されるべき名盤となっている理由はここにある。これは各楽器メンバーの「心が通い合う」ということがなければ絶対に生まれないマジックである。さすが名手ぞろいのピアノトリオである。

Night Train


■レイ・ブラウンのベースメソッド
楽器の構え方やフォーム、スケールやアルペジオをはじめとする基礎的なことからサムポジションにおけるベースソロや拡張フィンガリングまでが網羅されたベーシストならだれもが信頼を置く1冊。

Ray Brown's Bass Method: Essential Scales, Patterns, and Exercises (Eagle Large Print)

■Essence Of Brushes
これは今でも手に入るのだろうか。エド・シグペンが語る貴重なジャズブラシのメソッド。トニー・プーロン(gt)とロン・カーター(b)のデモ演奏が非常に「粋」である。現在は絶版の可能性が高い書籍バージョンもある。

Essence Of Brushes
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/360-811f0c5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3035位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
287位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。