わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:ボレロ クラウディオ・アバド(Cond) ~アバドの「燃えるボレロ」

ラヴェル:ボレロ
クラウディオ・アバド(Cond)


クラウディオ・アバド氏の訃報が巷を駆け抜けたことが記憶に新しい今日この頃、アバド指揮によるロンドン交響楽団の「燃えるボレロ」を聴かねばという使命感に似たような衝動を感じた。不意なのか故意なのか楽曲クライマックスの銅鑼に触発されて団員たちが「ゴーォー!」というか「グァー!」というような叫び声が聞こえるあの名演である。あの団員たちの只ならぬ高揚感あふれる雄たけびが記憶のどこかに焼きついていたのだ。

本作の「ボレロ」はいわゆるラヴェルの楽曲の持ち味である木管楽器にウエイトを置いたフランスらしい響きというものに欠けるのだが、アバドのメロディーを大切に響かせる演奏スタンスは不思議とラヴェルのメロディアスな側面を際立たせている。フランス的な響きに評価のポイントを置いたレビューでは本作のことを「荒い演奏」と位置づけるのだが、そもそもアバドはラヴェルの楽曲に対する調理法が違うのである。100人指揮者がいたら100通りのボレロがあっても別に良いのである。

ラヴェルの楽曲は特徴として一つ一つの楽器の音色を緻密に掛け合わせてサウンドを作るものが多くハーモニーも半音階的(クロマチック)なアプローチも多用されて非常に近代的で、まさに「精密機械仕掛け」という例えがぴったりくる。したがってオーケストラ団員が嫌がるほど綿密なリハーサルを何度も繰り返すチェリビタッゲや超完ぺき主義のブーレーズのようなリハーサルを綿密に行う指揮者に名演が多いとされる。ラヴェルの代名詞といえるようなアンドレ・クリュイタンス指揮のようなスネアによるリズムの訛り(グルーブ)もリハーサルで練り上げなければこのように行かない。

チェリビタッゲやブーレーズを緻密で丁寧な線描による詳細画とするならば、アバドの場合は短時間で対象物の本質を捉えて描きあげたクロッキー。楽曲が持つメロディーの本質にフォーカスをあててそこへスピーディーに整然と線を描いてゆくのである。その証左として思いのほか旋律が入り組んでいる「亡き王女のためのパヴァーヌ」においての弦と管の織り成す音の渦はメロディアスでドラマティックでありながら非常に整理されており、その楽曲のよさを引き出す演奏設計は息を呑むほど見事である。

曲目リスト
1. ボレロ
2. スペイン狂詩曲 夜への前奏曲
3. スペイン狂詩曲 マラゲーニャ
4. スペイン狂詩曲 ハバネラ
5. スペイン狂詩曲 祭り
6. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 前奏曲
7. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 第1曲:紡ぎ車の踊りと情景
8. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 第2曲:眠りの森の美女のパヴァーヌ
9. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 第3曲:美女と野獣の対話
10. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 第4曲:おやゆび小僧
11. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 第5曲:パゴドの女王レドロネット
12. バレエ音楽≪マ・メール・ロワ≫ 終曲:妖精の園
13. 亡き王女のためのパヴァーヌ

ラヴェル:ボレロ、スペイン狂詩曲、パヴァーヌ

【関連記事】ラヴェル
■ムソルグスキー:展覧会の絵&ラヴェル:ボレロ チェリビダッケ(指揮) ~これは最強の名演
■ラヴェル:マ・メール・ロア全曲、他 クリュイタンス(Cond),パリ音楽院管弦楽団 ~クリュイタンス本人のお気に入りな名盤
■フランスの風 レ・ヴァン・フランセ ~木管楽器の最強プレイヤーによる夢の名盤
■ラヴェル:マ・メール・ロワ、ボレロ、スペイン狂詩曲 ブーレーズ(cond) ~ラヴェルオーケストラ作品の名盤
■ラヴェル:ボレロ、他 指揮:ミュンシュ パリ管弦楽オーケストラ ~稀代の爆演王ミュンシュ
■ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、他 指揮:クリュイタンス ~ラヴェルオーケストラ作のリファレンス盤
■ラヴェル:ダフニスとクロエ 指揮:チェリダビッケ ~本当に美しいものを目の当たりにすると人は動けなくなる
■ラヴェル:ボレロ、他 クリュイタンス~ボレロの決定盤
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/349-e46ad3d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2283位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
212位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。