わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Live ボブ・マーリー ~ハートフルな一体感が包み込むボブ・マーリーの決定盤

Live
ボブ・マーリー


本作は「キング・オブ・レゲエ」ことボブ・マーリーと彼の率いるバンドWailersが1975年にロンドンにて行ったライブ録音。彼の作品に名作と呼ばれるものは多数あるのだが、その中からあえて一枚のみチョイスとなると何を差し置いてでも本作をオススメしたい。

収録曲も彼の代表曲が数多く収められており「Get Up, Stand Up」「Trenchtown Rock」など名曲そろいであるが、中でも「No Woman, No Cry」においてオーディエンスとステージが一体となる様は秀逸。ハモンドオルガンに導かれて登場するメロディーは極めてシンプルだが、会場にいる全ての人がそのメロディーを口ずさんでいるので分厚い響きとなる。

そのハートフルな響きの興奮冷めやらぬまま「I Shot The Sheriff」へ突入するこの黄金の連続感。ライブならではの一体感をはぐくむ「場」のパワーが半端ない。それは数十年たった今でも、スピーカーの向こう側であったとしても色あせることはない。

Live

【関連記事】レゲエ
■Reggatta De Blanc ザ・ポリス ~今も色あせぬ次世代パンクロック
■聖なる館 レッド・ツェッペリン ~多様な音楽性はただのハードロックではない証
■Animal Logic II アニマル・ロジック ~異種業態が集まった最高のポップス
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

エリック・クラプトンにも影響を与えましたよねぇ…。

Beat Wolf さんへ

コメントありがとうございます。

クラプトンがカバーしたことで一気に有名になった「I Shot The Sheriff」ですが、もともと「I Shot The Police」だったという話もありますね。

クラプトンが世の中に出す前に「Policeを打ったらさすがにアカンやろ…」ということで世間体を考えた結果「Sheriff」になったとか。

> エリック・クラプトンにも影響を与えましたよねぇ…。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/336-43ee73f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3373位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
317位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。