わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

Sweet Rain スタン・ゲッツ ~ボサノバ後に進化したゲッツの名盤

Sweet Rain
スタン・ゲッツ


梅雨なので雨にちなんだセレクションをしようとするのだが、わんわんわんの住む名古屋エリアではここのところ雨が降らない。今年もカラ梅雨の予感がする。しかし車を洗うと…運命のいたずらだろうか狙ったように雨が降る。

閑話休題、ご存知ゲッツはボサノバブームに乗ってジョアン・ジルベルトなどと活動していた。ゲッツがボサノバでしっかり稼いでいるあいだジャズシーンでは、これまでメインストリームであったハードバップが一区切りついて、マイルスがいわゆる「黄金のクインテット」を率いるようになり、コルトレーンのモーダルなプレイが台頭していたのである。

一世風靡したボサノバブームが一息ついたスタン・ゲッツが新しいジャズに取り組もうとし、デビューして間もないチック・コリアをピアノに迎えて再びジャズに戻ってきた作品が本作だ。チックの参加によってスタン・ゲッツのプレイはボサノバの時顕著であったスウィートでウォームな節回しを残しつつも、やや硬質でモーダルな「一歩引いた自己主張」へ変化を遂げた。チックのシングルトーンとブロックコードを巧みに使い分ける凛としたピアニズムがゲッツのプレイを変えたのである。

冒頭の「Litha」はチック作曲。緩急組み合わさったリズムチェンジでスピーディーな展開をみせる彼らしい佳曲。やさしく降り注ぐ雨のようにやわらかく響くテナーのサブトーンと甘い響きを残しながら燃え上がるスピーディーな場面は、ゲッツの新たなプレイスタイルを暗示している。もちろんボサノバもやっているのだがチックのピアノに変わるだけでコマーシャリズム一辺倒だった楽曲にぐっと深みが増す。

もちろんモーダルなベースラインを得意とするロン・カーターのベースも一役買っている。ロンは先述の「黄金のクインテット」のメンバーである。そのせいかバラッドをプレイするゲッツにウエイン・ショーターのようなミステリアスな雰囲気がでてきているのも興味深い。グラディー・テイトの歌心あふれるドラムプレイも見逃せない。

Sweet Rain (Dig)

■ゲッツ/ジルベルト
言わずもながの大名盤。すべての音楽ファンに送りたい1枚だ。これでゲッツの懐はかなり豊かになったそうだが悪魔の誘惑には勝てず、ここで得た収入をもちいて再びクスリに手を染めてしまう。

ゲッツ/ジルベルト
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/267-f34e16a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR