わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Encounter! ペッパー・アダムス ~収録メンバー良し、バリサクの名手の名盤。

Encounter!
ペッパー・アダムス

本作はバリトンサックス奏者のペッパー・アダムスがリーダーをつとめる作品で、彼のオススメ作品として本作を真っ先に取り上げるかたも非常に多い。のっけからエルビン・ジョーンズ(Dr)とペッパー・アダムス(Bs)の弩迫力バトルが繰り広げられる。大いに暴れるエルビンジョーンズはミュートをはずし胴鳴りを生かしたバスドラムをドスンドスンとキメる。それに応えるようペッパー・アダムスのゴリゴリブリブリしたバリトンサックスが堪能できる。

途中のソロ回しのエルビン・ジョーンズがくり出すリニアフレーズのドラムソロも最高にかっこいいのだが、極めつけはふわふわしているようで芯のあるシンバルレガートだ。一聴するだけでエルビンだ!となんだかうれしくなってしまう不思議なタイム感のレガートだ。このふわふわ感がロン・カーターのモーダルなアプローチのベースラインとよくマッチする。

メンバーも豪華でピアノは伴奏の名手トミー・フラナガン。抜群の安定感だ。さらにズート・シムズの参加もうれしいボーナスだ。とにかくこの人のテナーはよく歌い、2曲目のバラッドでは至高の仕上がりだ。キュッと聴くもののハートをさらってゆくのである。ペッパー・アダムスもゴリゴリしたバリトンだけでなく、ここではバリトンサックスの中低音は独特の柔らかさを生かした幅のあるプレイを聴かせる。

さらにはペッパー・アダムスを大フューチャーした6曲目のバラッド。なかなか主役にはなることが少ない楽器なのだが、ここでは完全に主役だ。トミフラ(トミー・フラナガン)のバッキングに導かれて次々とフレーズがあふれ出てくる様がすばらしい。


Encounter
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/262-569730db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
213位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。