わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライヴ・アット・ブルーノート東京 ミシェル・ペトルチアーニ ~ペトルチアーニの最高傑作

ライヴ・アット・ブルーノート東京
ミシェル・ペトルチアーニ


本作はミッシェル・ペトルチアーニ最晩年の演奏で、ブルーノート東京にて行われた最後の来日公演の内容だ。本作はペトルチアーニの最高傑作として位置づける人もたくさんいるのだが、内容を聞けばその意見にはまったく異論はない。

サポートするのは名手スティーブ・ガッド(Dr)とアンソニー・ジャクソン(B)。なんとも現代的なリズムセクションなのだがペトルチアーニのサウンドにぴったりである。ガッドとアンソニーのコンビネーションはここで語るべくもなく完成されており、最強の組み合わせと言ってもよい。さらにはペトルチアーニのカラッとしたピアノタッチとガッドのコンテンポラリーなドラミングとは非常に相性がいい。

そのことが特にわかるのが3曲目の「Home」という曲だ。ピアノソロでものすごく穏やかに始まる曲なのだが、3人の演奏は次第にヒートアップして最後は大盛り上がりで終わる。ガッドとアンソニーのグルーブを楽しむようにピアノソロで「遊ぶ」ペトルチアーニとその様子を固唾をのんで見守る観客、いつの間にか自分もそこにいるかのように音源と一体化してしまう。百聞は一聴に如かず、ぜひ聴いていただきたい。

ペトルチアーニ本人もこのメンバーでのトリオを非常に気に入っていたというが、本作を吹き込んだ翌々年にペトルチアーニは帰らぬ人となった。現在はショパンの隣で安らかに眠っているという。

ライヴ・アット・ブルーノート東京

■Trio in Tokyo
Amazonではなぜかアンソニー・ジャクソン名義。上記の内容と同じ内容の再発盤だ。こちらはボーナストラックとしてAトレインが収録されている。スティーブ・ガッドのカウベルを使ったモザンビークパターンのソロがものすごく熱い!

Trio in Tokyo (Exp)

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/215-d14ecb0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1599位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
163位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。