わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Beyond the Ocean シャリー・メイラード ~ジャズは現在進行形の混血音楽

Beyond the Ocean
シャリー・メイラード


ジャズという音楽の本質として「混血性」という側面がある。ジャズはラテンやロックなどさまざまな音楽を飲み込んだり、またほかのジャンルの音楽へ影響を与えたりと、ジャズというジャンルだけで収まらない音楽である。それはジャズの発祥をたどるとアフリカをルーツにもつ黒人の音楽(ブルース)とヨーロッパをルーツにもつ白人の音楽(クラシック)がニューオーリンズのあたりでで混ざり合ってできたといわれている。ジャズそのものが混血そのものだったからである。

本作はフランスのピアニストであるシャリー・メイラードの10枚目のアルバムだという。1曲目からピアノが小さなモチーフを膨らませ、ベースとドラムが一体となってグルーブする。いわゆるスタンダードものにありがちなジャズではないのだが、そこにはジャズのスピリッツというか宿命である「混血性」を強く感じることができる。

東欧っぽいメロディーや中近東のオリエンタルなサウンドもあり、いろいろな国と陸続きであるヨーロッパならではのスケールの広がりを感じさる。それはジャズがいろいろな音楽を取り込んで世界が広がっていくようなダイナミズムを目の前で見せてもらっているような気分だ。

メイラードのピアノは左手も右手も同じように動くのだろうか、抜群のテクニックで美しくもありながら切れのあるフレーズをエネルギッシュにつむいでゆく。ベースもピアノに劣らずインタープレイを発揮する。録音のよさがベースの「木が鳴る音」を的確に捉え、そのフレーズの息遣いなどのディテールを再現する。ドラムも非常にテクニカルでセンスもよく、その基礎力の高さと感性の鋭さを伺える。ドラムの音やフレージングが伝統を踏まえながらも程よくコンテンポラリーなところも本作の魅力である。

「BEYOND THE OCEAN」というタイトルには、海を越えてヨーロッパへやってきたジャズが現在も新しくいろいろな音楽と融合して進化し続けているというメッセージがあるのだろうか。ジャズというのはもともと現在進行形でさまざまな音楽の遺伝子をとりこむエネルギッシュな混血音楽だったということに気づかされた1枚だ。

Beyond the Ocean

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/204-130334e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2614位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
231位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。