わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラヴェル:ボレロ、他 指揮:ミュンシュ パリ管弦楽オーケストラ ~稀代の爆演王ミュンシュ

ラヴェル:ボレロ、他
指揮:ミュンシュ パリ管弦楽オーケストラ


本作は「稀代の爆演王」ミュンシュがパリ管弦楽オーケストラ(いわゆるパリ管)と共演した名盤。時々中古市場で見ることが出来るのだが気がつくといつのまにか売れてしまっている、そんな不思議な1枚。きっと隠れマニアが多いのであろう。やはりパリ管は圧倒的に木管楽器が上手い。打楽器も音色のコントロール力やダイナミクスの制御がうまい。しかし「稀代の爆演王」ミュンシュは型にはまった演奏はさせない。

1曲目はおなじみのボレロ。静かに淡々とモチーフが展開されてゆく前半部分は少々味気ないと感じるが、聴き進めてゆくとそれはミュンシュがしかけた時限爆弾であることに気づく。後半に突入するとリズムのポイントや楽器のピッチなどどこかが歪むとたちまち崩壊しそうなくらい手に汗を握るスリリングな展開になってゆく。そこは本能の赴くままに危うい緊張感のオーケストラを操る「爆演王」ミュンシュ。果物は腐る手前が一番美味しいとのことだが「腐る」と「熟す」の見極めが非常に難しく、制御不能の乗り物のような状態になったオーケストラを神業でもってクラシック名演・名盤としてしまうのが彼のすごいところだ。

収録曲も名曲ぞろいだ。ラヴェル作品の中でも屈指の美曲として異色を放つ「ダフニスと~」はまるで朝日が昇る神々しさのような美しさ。弦と木管の演奏指示にたいするバランス感覚、そして生々しい程のダイナミックな演奏設計、「稀代の爆演王」ミュンシュにかかれば数あるラヴェル作品の中で群を抜いた名演・名盤となるのは当然であるのだ。ラヴェルのなかでも比較的習作的と呼ばれる「亡き王女のためのパヴァーヌ」も彼の手にかかればもちろん名演の仲間入りである。

緻密なハーモニーと香り高いオーケストレーション、ラヴェル作品収集家であれば必ず持っていたい1枚だ。


ラヴェル:ボレロ、他
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/191-22fc1c89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
245位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。