わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Breezin' ジョージ・ベンソン ~ジャンルの壁を越えた名作

Breezin'
ジョージ・ベンソン


ジョージ・ベンソンはウエス・モンゴメリーやチャーリー・クリスチャンを踏襲した伝統的なプレイスタイルで広く知られていたが、本作をもって彼のもう一つの顔「ブラコン(ブラック・コンテンポラリー・ミュージック)」が開花した作品である。本作はミリオンセラーとなりグラミー賞を獲得し、ベンソンは一気にスターダムへ登っていったのである。

ベンソンは歌手としても十分やってゆけるくらいの実力はあったのだが、どちらかといえばボーカルは副業的なポジションというのはぬぐえなかった。しかし本作のマスカレードにおいては歌が主役となりうる存在感となりベンソン=ボーカリストという図式が確立した。スキャットとギターの超絶ユニゾンも披露しており、ベンソンが「自分が思ったとおりの音が出せる人」というのがイヤでも解る。

ギターも相変わらず超絶だ。精密機械のような正確無比な高速ピッキング、センスあふれる優雅でブルージーなフレーズに加え、流れるようなバップフレージングとウエス・モンゴメリーばりのオクターブ奏法・コードストローク奏法などなどアイデアが途切れることが無い。

とあるインタビューで彼が言うには「自分が弾くフレーズ(和音などを除く)は全部スキャットで歌えるフレーズ」とのことで歌えないフレーズは弾かない、弾こうとも思わないそうだ。つまりギターが奏でる旋律はベンソンの歌を追いかけているのである。出したい音が非常に明確なため彼のギターは意味の無い音・無駄な音が無いのでプレイスタイルは研究材料としても優れている。ベンソンスタイルのフォロワー達がジャンルを超えて多くいるのはまったく納得のゆく話だ。

サポートメンバーも充実している。ハービー・メイソンのタイトなドラムがリズムを引き締め、クラウス・オーガマンの優雅な極上ストリングがサウンドに空色の空間を添える。ジャズだけでなくポップスなどジャンルの壁を越え広く長く愛される名盤である。



Breezin'
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

最近は

ターンテーブルに載ることはなくなったけど、昔はよく聞いていました。

時代はまわる

トラさんこんばんわ。
新しさを求めると、時々一昔前の音にたどりついたりしますね。
不思議なものですね、時代はまわってますね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/174-1da35999
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2664位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
243位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。