わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン ~1曲目だけで元が取れてしまいます。

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン
デューク・エリントン(P)ジョン・コルトレーン(Sax)


名盤中の名盤。ここで紹介するのも憚れるほどなのだが、「名盤はみんなの財産」ということで名盤がそこにある限りお伝えするのが本ブログの使命である。

本作はアルバムのタイトルどおりジョン・コルトレーンがジャズの巨匠にして大先輩のデューク・エリントンと共演した作品だ。コルトレーンもエリントンの胸を借りるカタチになるのだろうか、お互いの個性を尊重しあいつつ楽しく緊張感を持って録音している様子が手に取れる。

1曲目のIn A Sentimental Moodから「1本とられました!」と声に出さずにはいられない。本当にトレーンはいい音をだす。ストイックなまでに美しい音色が1音だけで「ふわっ」と空気をかえるのである。トレーンは「自分の出す音のどこが良いか」をしっかり理解していないと聴いている人には伝えられないことを理解している。

この2人をサポートするドラムとベースもエリントン側とトレーン側と両方からの参加である。ツーバスまでも自在に操る超バカテクのサム・ウッドヤード(Dr)が思いのほか普通である。トレーン側のエルビン・ジョーンズ(Dr)はコルトレーンが調子づいてくるといつものフレーズが炸裂し、エリントンのソロになるとぴたっと寄り添うようにオーソドックスなサポートをするのが面白い。

曲目リスト
1. イン・ア・センチメンタル・ムード
2. テイク・ザ・コルトレーン
3. ビッグ・ニック
4. スティーヴィー
5. マイ・リトル・ブラウン・ブック
6. アンジェリカ
7. ザ・フィーリング・オブ・ジャズ

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wanwanwan762.blog.fc2.com/tb.php/115-67304575
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
245位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。