わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

あともう一歩

わんわんわんがお世話させていただいているマーチングバンド。全国大会まであと一歩というところでした。

指導したり備品を作ったり楽器を作ったり編曲したりと大変ではありましたが、子どもたちも過去最高の成績に納得のようす。

来年こそは全国大会へ連れていってあげたいところであります。
スポンサーサイト

モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの渡辺貞夫

ずいぶん久しぶりの更新。公私ともども非常に忙しく動き回るこの頃。いろいろ作ってきた自分なりの表記ルールなどはもう忘れました。心機一転の再スタートですので末永くお付き合いよろしくお願いします。

冒頭の「サデオ・ワナタベ」という紹介でおなじみの本作。新喜劇のように舞台の上でずっこけて「誰がワナタベやねん!」とつっこむ光景が目に浮かぶのはわんわんわんだけではないはずである。そんな天然ボケではじまる本作は渡辺貞夫をかじったらライヴ・アット・ピット・インとともに入手すべき貴重な1枚なのである。

渡辺貞夫はソプラニーノサックスやフルートなど持ち替え楽器を演奏し、メンバーたちと丁々発止のやりとりをするのだが、やはり彼はアルトがピカイチ。チャーリー・パーカー級のスインギーで多彩な表現はエモーショナルで彼の最大の持ち味。

参加メンバーも20代の若いメンバーなのでナベサダの応酬に引けを取ることなく血気盛んな演奏である。増尾好秋(gt)、いまや重鎮である鈴木良雄(b)、角田ひろ(dr)。「角田ひろ」とはあのメリー・ジェーンで有名な「つのだ☆ひろ」なのだ。本作の方向性を特徴づけているキーマンはドラムの「角田ひろ」なのではないだろうか。

この頃の彼はきっと富樫雅彦の弟子として修行にいそしんでいたころと思われ、ジャック・デジョネットとバディー・マイルス(ジミヘンとの共演で知られる歌うドラマー)とジョン・ボーナムと師匠の富樫をごちゃまぜにしたようなスタイル。とにかく4ビートではデリケートだが力強くブラシワークは富樫の繊細を受け継ぎ、そしてファンクビートでは聴く者の体をゆっさゆっさと揺るがすソウルフルなビートが特徴。荒削りな部分もあるのだがパワフルなグルーヴの中でも繊細なダイナミクスの変化がつけられており、特に小さい音の表現力は聴く者をニヤリとさせる心憎い演奏技量だ。

海外で繰り広げられた若者たちとの「尖った演奏」と「これぞナベサダの醍醐味」といえるようなアルトのプレイが好対照な一枚だ。
期間限定のリリースなので、ナベサダをかじったならばぜひゲットすべし。


モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの渡辺貞夫(期間生産限定盤)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
1684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR