わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

近況報告

最近公私ともども忙しくなりましたので、なかなか記事の更新ができない状態が続いていますが
暇を見てちょこっとづつやってゆきたいと思います。
スポンサーサイト

スパーク! スパーク!!スパーク!!! スパーク&シエナ ~音だけでご飯がススム名盤

スパーク! スパーク!!スパーク!!!
スパーク&シエナ WO

最近なんだかやたらと忙しい。ありがたいことに吹奏楽やマーチングバンドの打楽器指導者としていろんな学校から声がかかるのだが、体は一つなので一度に指導できるのは一校のみなのである。そしてやはり「芸術の秋」という言葉のとおりコンテストが集中するこの時期だからだろうか、いろんな課題楽曲の聴きこみと譜面のチェックに追われる日々だ。

教えに行っている学校の一つでユーフォニウムの生徒たちと会話をすることがあり、そこで話題に挙げたのが「パントマイム」という曲であった。吹奏楽経験者にとってなじみのあるフィリップ・スパークの傑作、ユーフォニウムがフューチャーされた「パントマイム」という楽曲である。

その子たちに「外囿祥一郎のパントマイムを聴け!借金してでもCDを手に入れろ!」とか「最初の4小節だけでご飯が3杯くらい食べられるほどの絶品な音色」など無茶無茶なことを言ってきたのだが、Youtubeで生徒たちに「パントマイム」を聴かせてみると「音色がヤバイ!」とか「超はえー」とか「これはご飯がススム音色だ」とか面白い反応が返ってくる。一見は百聞に如かずなのである。

本作はその「パントマイム」の作曲者フィリップ・スパークが題名のない音楽会とかでおなじみのプロの吹奏楽団「シエナ・ウインド・オーケストラ」を指揮したライブ録音アルバム。日本有数のプロの楽団を作曲者自ら指揮した自作自演の一枚なのだ。

スパークはイギリスの作曲家でブラスバンドや吹奏楽のための作品を中心に活動している。彼にとって指揮は本業ではないのだが、やはり自作自演ということもあって楽曲の解釈はかなり深いところまで達している。そんな彼の演奏指示にこたえることができるシエナ・ウインド・オーケストラもさすがである。

本作には一通りのスパークの人気楽曲がライブ録音で収録されているのだが、やはり極めつけは外囿祥一郎が作曲者本人の指揮で演奏する「パントマイム」。脂ののったブリをしゃぶしゃぶでいただくくらいの幸せな気分でこれまた格別に絶品である。

スパーク! スパーク!!スパーク!!! (2枚組ALBUM)

■外囿祥一郎(ユーフォニウム)の演奏するパントマイム
これがYoutubeで生徒たちに見せた動画。最初の数小節だけで涙があふれるほど美しい…。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

BEST OF GREEN MIND'09 秦 基博 ~心に届く声

BEST OF GREEN MIND'09
秦 基博

「心に届く歌声」というのがある。なぜだろう、息遣い、ピッチの変化、強弱、ファルセットやミックスボイスなどの声区のきりかえと使い分けによる歌声の倍音成分の構成とコントロール、子音や母音など音節の処理、詞の解釈と表情づけ。歌には様々な要素があるのだが、やはり理屈を超えた踊ってとしての何かがその声にあるのだ。

本作はわんわんわんが所有する数少ない邦楽のCD。秦基博という名前は知っていたのだが詳しくは知らなかった。なにげなく店頭の試聴機で聴いてみたところ「心に届く歌声」が気になり1枚手に取りレジへ向かってしまったのである。

わんわんわんはあまり歌詞の意味とかを気にせずに聴く。歌詞がもつ言葉としての意味はほぼ聞き流しているのである。それがある意味「中立的な音楽との付き合い方」と考え、その音楽が音として良いものなのかどうかを基準に聴くのである。

しかし本作の秦が歌う声の音色が言葉のないメッセージとしての聴く者を自然と詩の内容へ誘い込む。それと同時に詩の内容が自然と歌声とシンクロする。詩の内容と歌声が歩み寄ったり離れたりと、歌い手の気の向くままに、聞き手の気の向くままに世界観が揺れ動くのである。

本人伴奏のアコギ1本の弾き語りなので、秦基博の非常に丁寧な切ない歌声は自由自在。時に透き通った音、時には力強い音、様々な表情へと移ろいゆく。これが「心に届く歌声」なのである。ぜひ手元に置いておきたい1枚だ。

BEST OF GREEN MIND'09

■秦 基博の「なごり雪」
仕上り感が半端ない。


■秦 基博の「カブトムシ」
これも然り。オリジナルよりも切ない。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

わんわんわんの日

そういえば本日わんわんわんの日でした。
おめでとうございます。

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2824位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
269位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR