わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーク・トゥ・チーク トニー・ベネット レディー・ガガ ~ひさしぶりにCDをかけて泣いた。

チーク・トゥ・チーク
トニー・ベネット レディー・ガガ

ひさしぶりにCDをかけて泣いた。

酒の力もあってのことなのだが、まさかのレディー・ガガで泣くとは思ってもいなかった。以前CDショップにてトニー・ベネットの作品にガガがゲストで参加したアルバムを試聴したのだが、1曲目からトニー・ベネットと対等に渡り合っているデュエットの相手の女性ボーカルがガガであると知った時、正直衝撃を受けたのである。

ガガといえば個性的なファッションで個性的なステージ、音楽性もジャズとは距離のあるエレクトリックなダンスチューンといったイメージがあったのだ。しかし、その作品ではアメリカンポップスの歴史を渡り歩いてきたトニー・ベネットを非常に生き生きとした歌声でリードするような歌いっぷりであった。リードされるベネットもまんざらではなさそうだったのも印象深かった。そのアルバムのガガとベネットのデュエットのとても楽しく歌う様子が頭の中に印象として強く残っていたので、本作を見かけたときには迷わずゲットしたのである。

内容はまさに期待通りの秀逸さ。文句なしである。トニー・ベネットも高齢のせいもあり歌声の低音成分が少なく、さすがに歌声の体感音圧は往年のままとは行かないがこの年齢を考えれば驚愕の域。ガガが本気で惚れてきたトニー・ベネットのパワフルな歌声と、非凡な才能のエンターテイナーであるガガの出現を非常に喜んでいるトニー。それもそのはず、ガガのとびぬけた歌唱力が抜群に印象的だ。

ガガの歌にはいろいろな表情があって面白い。時にはジャクソン5時代のマイケル・ジャクソンを彷彿させるような若くて張りのある歌声とおもえば、しっとりとバラードを歌いこなす円熟さあふれる歌声。ガガの演者としての歌手というかエンターテイナーとしての才能がすばらしい。音程の取りづらさからボーカリストには難曲・鬼門と言われているジャズのスタンダードナンバー「ラッシュライフ」を難なく歌いこなし演出する技量はたいしたものである。そしてレディー・ガガがトニー・ベネットへ寄せる最大のリスペクトがこれまたいとおしいのである。

CDをプレイヤーにセットして、さあ素敵なショーの始まりだ。


チーク・トゥ・チーク

■Duets II
これを聴いてガガの歌唱力とエンターテイナーっぷりを見直した。


■ベネットの歌いだしでファンが騒いだところガガが「シー!」と制しする。そしてベネットの歌声に浸るガガ。ここにベネットへよせる最大のリスペクトを垣間見ることができる。何度見ても鳥肌がたち泣ける。

スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

ウエスト・サイド・ストーリー オスカー・ピーターソン  ~やはり楽しい彼らの演奏

ウエスト・サイド・ストーリー
オスカー・ピーターソン


週末にはいろいろな小中学校をまわってパーカッションを教えているのだが、現状の教育環境はあまり良いとはいえない。各学校にはマリンバやティンパニーやドラムセットなど各打楽器がひととおりそろっているのだが、ちゃんとパーカッションを教えられる人がいないのである。

その証左として行く先々の生徒たちのグリップがめちゃくちゃなのだ。一番よくあるのが「ドラえもん持ち」である。ドラえもんが棒を持つようにスティックやマレットをギューと握りしめてしまう持ち方だ。「ドラえもん持ち」はスティックを手首で動かすことができないので、演奏時は肘を支点としてスティックを打面へ叩きつける動きとなる。ギューと握りしめているのでもちろん指は使えない。もちろんリバウンドという動きはそこにはない。

小さい音が出せない、大きい音が出せない、スピードも持久力もなく音量のコントロールもできないので、予動がおかしかったりよくスティックを落としたりする。スティックが弾むということを知らないので教えたいことが山ほどあっても、なかなか前に進まないのである。まずは一旦ついてしまったこの癖をどうやって取り除くかが教える時の最大の悩みなのである。

それはさておき本作はアメリカ音楽の至宝で高名な指揮者としても有名であるレナード・バーンスタインが作曲したミュージカルの楽曲ウエストサイドストーリー。これをピアノトリオの名手オスカー・ピーターソン・トリオが演奏した快演である。

コロコロとよく転がりキラキラと輝く猛烈なスイング感のピアノのピーターソンはもちろんのこと、堅実ですべてのベーシストがお手本にすべきというレイ・ブラウンのベース、ブラシの名手でバシバシと複雑なキメもキメまくるようなテクニカルなドラミングだがセンスがさらに秀でているエド・シグペンのドラム。

彼らが全力で取り組んだ最高のエンターテイメントはやはり何回聞いても飽きることなく楽しい。ついうっかりしていると1年中CDプレイヤーから取り出すのを忘れてしまうくらいだ。このような名盤が再発という話がありうれしい限りである。

ウエスト・サイド・ストーリー

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2481位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。