わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Courage ミルトン・ナシメント ~ブラジリアンPOPSの名盤

Courage
ミルトン・ナシメント

相変わらず楽譜作成ソフトの「シベリウス」は大活躍である。Youtubeからの耳コピでマーチングバンドの練習曲を楽譜に起こしたりと、今までゴクツブシ程度の認識であった自分の特技が「地域の社会貢献」につながる喜びを感じる今日この頃である。子どもたちにパーカッションを教えているのだが、子どもたちの脳みそのやわらかさに驚かされつつも彼らの成長を見守るのがとても楽しくなってきているのである。

このように音楽にたいして真摯に向き合えば向き合うほど「ある問題」が頭をもたげてくる。それは再生機器のクオリティーである。今まで譜面おこしにあたっての聴きこみはYoutubeからひろった音源を自宅のPCで聴きこんでいていたのだが、同じ音源を車で聴いた時の状況と比べてあまりにも違いすぎるのがきになり始めたのである。わかりやすく説明すれば車で聞こえていた音がPCの前では聞こえないのである。それもそのはずPCのスピーカーはパソコンショップで買った2000円程度のものであったからだ。

この問題に対し危機感を感じ急遽「原音を忠実に再生するスピーカー」が必要であると感じ、モニタースピーカーの定番であるヤマハのMSP3というスピーカーを入手して設置。これが大きさ的にも音質的にも滅法よい。ご存じモニタースピーカーは音楽鑑賞用ではなく「顕微鏡でのぞきこむように音楽を聴くためのツール」である。素晴らしい音源は素晴らしく聴こえ、そうでもない音源はそのように聞こえるのである。モニタースピーカーは音源に対し非常に正直であるのだ。

今までのへなちょこスピーカーと比べると雲泥の差。どの楽器がどこで何をしているのかがよくわかる。わんわんわんの音楽の聴き方は「顕微鏡をのぞきこむ」ような聴き方をしていたのだが、モニタースピーカーの導入によって音楽がくっきり見えるようになったのである。オーケストラの「指揮者の耳」を手に入れたような感覚とでもいうのだろうか、今までさんざん聴きこんできた音源であってもスピーカーを変えるだけでものすごく情報量が多くなったのである。

閑話休題、なにげなしにチョイスした本作は「ブラジルの声」とでもいうべきブラジル音楽の重鎮ミルトン・ナシメントの重要な作品。現在のブラジリアンポップスの礎を築いた人物と言っても過言ではない。当時ブラジル音楽にジャズが忘れていたエネルギーなどに共感を得ていたハービー・ハンコックが参加した音源としてでも有名である。

今回のレビューは音源そのものというよりも再生機器に対してというのが大半になってしまったのであるが、再生機器を変えるだけでこれほどまでにかわるものだと改めてびっくり。録音はクロスオーバーミュージックの名門CTIレーベルなのだが謎のフェードアウトがつくづく惜しい。

Courage (Dig)

スポンサーサイト

自作自演集「8つの演奏会用エチュード」 カプースチン ~まさにハイブリッドな衝撃的音楽

自作自演集「8つの演奏会用エチュード」
カプースチン


どこに仕舞ったか思い出せないときほどもどかしいことはない。皆さんに紹介したいCDがあって「あーそれやそれや」と頭の中ではしっかり音が鳴っているのに現物が見当たらないことはしばしばである。レビューを書くときは必ず音源を鳴らすというわんわんわんのスタイルでは、ピンポイントでお目当ての音源にたどり着かないこともしばしば。レビューを書きたい時と音源が見つかるときが重ならなければ記事が書けないのである。もはや運の世界でもある。

本作は一時期どっぷりとはまっていたニコライ・カプースチンの一番有名な音源。出会った当時は烏滸がましくも(「おこがましい」を漢字でかくとこうなるんやと感動)ジャズピアノにもクラシックピアノにも飽きを感じていた倦怠期であった。ちょうどCDショップでカプースチンを持ち上げていた時に試聴コーナーにあって、2分くらいで即時購入を決心したものである。別のCDを探していた時に運良く発見。

カプースチンはロシアのピアノ奏者・作曲家。モスクワ音楽院でクラシックを勉強中にジャズに出会い、独自のアイデアでジャズを消化して自らのスタイルに組み込んだという。改めて聴いてみるとジャズというポップス音楽の「遊び心あふれる身近さ」とクラシックのもつ「音色やテクニックに関するシビアさ」が程よくミックスされた、まさに「ハイブリッドな音楽」である。

ジャズ側からの所感ではチック・コリアがジャズをやらずにクラシックや現代音楽を極めたとでもいうのだろうか、とにかくものすごくしっかりピアノが鳴っている。非常に流麗なテクニックには情報量が多すぎて「音の玉手箱や~」という一言でかたずけたくなるほどだ。さすがは自作自演、ペダリングのやりかた・音の切り方など作曲した本人しかわからないようなマニアックな部分まで演奏者と作曲者の楽曲に込められた意図がぴったりシンクロしている。

自作自演の音源をどこまで演奏者の意図するレベル(演奏・作曲者の頭の中の音)に近づけることができるかどうかは、録音する側にも相当なプレッシャーがかかっていたことは想像に難くないのがだ、さすがはクラシックピアノの名門TRITONでクラシック側から入ってもジャズ側からはいっても、本作がどちらにも属さない「ハイブリッド」な音楽であることを感じさせる音造り。

重い伝統を継承しつつもジャズなどのポップスが放つキャッチーな現代音楽のスパイスがパリパリに効いており、ちょっとでもジャズやクラシックに倦怠感を感じた人にはうってつけの1枚となること請け合いである。カプースチンの圧倒的なテクニックもあって、とにかく音源に込められた情報量が多いので聴く側としては「それなりの覚悟」が必要となるのだが、これがジャズであるかクラシックであるかはホントどうでもよくなる革命的な1枚であることは間違いない。

自作自演集「8つの演奏会用エチュード」

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト ザ・ヘッドハンターズ ~ディープなファンクの心

サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト
ザ・ヘッドハンターズ

久しぶりの更新。シベリウスという楽譜作成のソフトを購入した。最近はめっきりこればっかさわっている。譜面を作成するソフトはフィナーレ派とシベリウス派にわかれるのだが、決め手になったのは試行錯誤しながらの編曲や楽譜作成作業がしやすいのがシベリウスだったからである。音を拾って口で歌って音を取り、それを入力してプレイバックして確認修正とかいう一連の作法が自分のスタイルのなのだが、これがシベリウスの操作感とぴったりくるのである。

流行りの映画音楽やアニメの楽曲などなど地元の吹奏楽団の編曲や音源作成、Youtubeから音をひろって譜面おこしやアレンジなどなどミュージシャンの真似事などをしている。さすがは大枚はたいて購入しただけあってロックやジャズからオーケストラまでなんでも作れるので大活躍している。

聴くところによるとハービー・ハンコックもシベリウスを使っているとのこと。同じシベリウスユーザーとしての勝手な親近感を抱いている。ちなみにソフトの起動音はシベリウスの交響曲第7番である。

前置きはさておき、本作はハービー・ハンコックのファンクユニット「ヘッドハンターズ」からハービーが抜けた「名わき役」たちによるヘッドハンターズ。なのでハービーは参加していない。しかしポール・ジャクソン(Eb)、マイク・クラーク(Dr)、ベニー・モウピン(Reeds)、ビル・サマーズ(Perc)、ワウワウ・ワトソン(Egt)の名前を見れば食指を伸ばさずにはいられないメンツだ。

ブリブリとうねるポール・ジャクソンのベースは相変わらずしびれる。そしてベースと対比的なかっちりとしたルーディメンタルなファンクドラムがベースとともにボトムをささえ、モウピンの多種多様な木管楽器と、ワウワウを使用したふわふわな緩く鋭いギターカッティングがエスニックなパーカッションにからむ。ジャジーなのだが根は超ファンク。鍵盤がいないことによる「平均律からの解放」がこれまたディープさに輪をかけているのである。

サヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト
【関連記事】
■ヘッド・ハンターズ ハービー・ハンコック ~ファンクの名盤
■笠井紀美子 with ハービー・ハンコック バタフライ ~ハービーファンク時代の隠れ名盤
■Thrust ハービー・ハンコック~あふれるアフロ汁。沸き立つアフロ汁。

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
324位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。