わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと忙しくなりました

地元の吹奏楽の指導とか編曲などの個人的なことや、仕事が修羅場に突入したこともありちょっと忙しくなりました。記事の更新は落ち着いたらやりますね。
スポンサーサイト

New Life サド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラ ~数あるサドメルの名盤で最も入手が困難な1枚

New Life
サド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラ


やっと手に入った、10年以上探し続けていたCDである。インターネットが社会のインフラとして十分に発達していない時分から探し続けていたものだが、本作に関してはネット社会である今日(こんにち)であっても入手の難しさは変わりなかった。本作は数あるサドメルの名盤で最も入手が困難となっている1枚である。

「サドメル」ことサド・ジョーンズ&メル・ルイス・オーケストラ。カウント・ベイシー楽団で確実にキャリアを積み重ねたサド・ジョーンズ(Tp/F.Hr)、そして名手メル・ルイス(Dr)が名うてのセッションミュージシャンたちを集めて結成された、NYの老舗ライブハウス「ヴィレッジ・ヴァンガード」を拠点に活動するバンドだ。

本作は1975年に発表た作品で「ヴィレッジ・ヴァンガード」の創始者「マックス・ゴードン」にささげられたアルバムだ。ちょうど黄金期と呼ばれる時期のものでジョージ・ムラーツ(B)ローランド・ハナ(P/Key)ペッパー・アダムス(Bsax)セシル・ブリッジウォーター(Trp/F.Hr)…収録メンバーも最強である。多忙なトップミュージシャンたちがよくもこれだけ集まったといいた感じで、収録のメンツを一覧しただけで食指が動かぬわけがない。

サウンドもコテコテのファンクありバリバリのスイングありと多彩で、ギル・エバンスやジョージ・ラッセルほど先走ってはいないものの程よくコンテンポラリーで程よくオールドスクール的なサウンドが特徴。その多彩さの要素としてフリューゲルホルン、フレンチホルン、チューバ、フルート、クラリネット、ソプラノサックスなどなどビッグバンドとしてはあまり例がない楽器が多用されていることもあるのだろう。楽器編成だけでもほかのビッグバンドと一線を画している上に、編曲が現代でも通じるほど都会的に洗練されているのである。それがミュージシャンにサドメル好きなが多い理由でもある。

それにしてもメル・ルイスの重いのに軽い、軽いのに重いという不思議なグルーブがボディーブローのように効いてくる。締めるべき個所でピシッと決まる無駄のないアンサンブルワーク、絶妙なシンバルチョイスのシンバルレガート、さすがは楽曲の立て方を熟知した名手。猛烈にスイングがうまいドラマーは拍と拍のタイム感が長いのでファンクを叩いても猛烈にリズムがシェイクするのである。

なぜ本作のような名盤が時代に埋もれなければならないのだろうか。

New Life

【関連記事】
■サド・ジョーンズ・メル・ルイス・オーケストラ Basle, 1969 ~半世紀たった現在でも語り継がれる名盤
■ライヴ イン トーキョー ~人気絶頂期のサドメル名盤
■The Basie Big Band ~これは名曲ぞろいです!
■ベイシー・イン・ロンドン カウント・ベイシー・オーケストラ ~不動の名盤
■Our Shining Hour カウント・ベイシー ~冬になると聴きたくなる超大物との超ご機嫌な1枚
■ハイ・ファイ・エリントン・アップタウン ~これぞエンターテイメント
■Individualism of Gil Evans Gil Evans ~ジャズのオーケストレーションへ革命をもたらした1枚
■Svengali ギル・エバンス ~ギルエバンスの魔術的なアレンジ

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

Caravan アート・ブレイキー ~時代に埋もれつつある「隠れ名盤」

Caravan
アート・ブレイキー


本作はアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ(以降AB&JM)の「隠れ名盤」として名高い1枚。リバーサイドレーベル3管時代のAB&JMの黄金の1枚だ。

音楽監督はマイルス・デイビスへ引っこ抜かれる前のウエイン・ショーター(Ts)。トランペットはパリパリチャキチャキと決める名手フレディー・ハバード。この人は持ち合わせたグルーブというかリズム感がずば抜けてすばらしい。そしてカーティス・フラーのトロンボーン。モーダルな楽曲もこの人にかかればキラキラと光り輝く黒さと優雅さを備えたピアノの貴公子シダー・ウオルトン。地味ながらもバンドのビートを引っ張ってゆくレジー・ワークマン。

ショーターが音楽監督を務めるだけあって「キャラバン」のようなベタなスタンダードも非常にエスニックでモーダルな編曲がほどこされている。ハーモニーが希薄で無駄にスピリチュアルになりがちなモード奏法の楽曲にキラキラとした和声感を注ぎ込むのがシダー・ウオルトン。ショーターの編曲で見たことがある聴いたことがあるというスタンダードナンバーも一気にAB&JM(3管時代)ワールドとなる。これをマイルスがほおっておくわけがなかったのである。

そして極めつけはドラム。派手さはないもののシンバルレガート、ハイハットの少し空気を含ませたような踏み方、ドラムソロの中で静かに鳴っている「ゴンゴンゴン…」というバスドラムのフェザリング、高くチューニングされたタムタムから「ポコン」と絶妙な低音を引き出すタッチ、どれを聴いてもものすごく音色がしなやかできれいなのである。なのでブレイキーの信者はジョン・ライリーなどミュージシャンズ・ミュージシャンといわれているドラマーが圧倒的に多い。

現在では本作も例にもれず入手困難な1枚となってしまっている。見つけたら即買い級である。このまま「隠れ名盤」として時代に埋まってしまう前に再発を熱望する。それにしても別テイクにおける謎のフェードアウトが惜しい。

Caravan

【関連記事】
■Buhaina's Delight アート・ブレイキー・アンド・ジャズ・メッセンジャーズ ~三管時代の代表作
■Ugetsu ~日本の風景
■Like Someone in Love ~チュニジアの夜の裏側

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

ジャスミン キース・ジャレット チャーリー・ヘイデン ~夜中にひっそりと聞くにはこれくらいユルいほうが良いのである

ジャスミン
キース・ジャレット チャーリー・ヘイデン


時期が悪かったのだろうか、日本では5月というとスギやヒノキなどの花粉が飛び回っている時分だ。今年の2014年5月頭に行われたキース・ジャレットの大阪公演にて、キースは観客の掛け声や「へーくしょん!」というくしゃみや「ピュー」という酔っ払いの指笛とかにより「演奏を続けるには心が折れてしまった…」とのことで公演が中止となってしまった事件があったという。本件のことをご存知の方はご存じであろう。

悪いことが重なるもので、その公演はキースのソロコンサートだったそうだ。キースのソロと言えば楽譜も何もなくただ頭に浮かんだ音を一つ一つ拾い上げピアノを鳴らしてゆくという、とてつもなく集中力を酷使するパフォーマンスなのである。研鑽を重ね磨き上げた披露芸をワイワイガヤガヤと楽しむエンターテイメントとは別モノである。どちらかというとキースのソロコンサートへ赴くということは「無から音楽を紡ぎだすドキュメンタリー」を見守るということなのである。

キース本人も「私は何も無いところから音を紡ぎだしています。なので、皆さんはたった一つ仕事をして欲しい。その何も無いというところに協力をして欲しい」との事を客席に向かってお願いをしているのである。誰かが真摯な気持ちで発した音は真摯な気持ちで受け止めるべきなのである。

ずいぶん前置きが長くなってしまったが本作はキースが慢性疲労症候群となって人と会うのも非常にしんどいという難病から復帰した第一作目の「The Molody at Night, With You」に次いでリリースとなった第二作目にあたるのだろうか。病み上がりで立ち直ったばかりのキースと朋友チャーリー・ヘイデン(B)とのデュオ作品である。

キースには過去の名盤として「ザ・ケルン・コンサート」という神懸った作品があるのだが、本作は別の意味での良さがある。本作は確かにアルバム全体通してどの曲も同じような感じで「ザ・ケルン・コンサート」のような起伏はなく、どちらかというと「The Molody ~」のような穏やかな作品である。それをヌルいとかユルいとか捉え方があるのだが逆にそのユルさが良いのである。「The Molody ~」では病み上がりの一発目ということで、キースがメロディーを「取り戻す」という印象なのだが、本作の場合は低音部をヘイデンのベースにまかせ、キースのピアノがなんともリラックスしきっている。

キースがペダルから足を離すまでじっと耳を傾ける。夜中にひっそりと聞くにはこれくらいユルいほうが良いのである。

Jasmine

【関連記事】
■ザ・ケルン・コンサート キース・ジャレット ~奇跡の1枚
■The Melody At Night, With You キース・ジャレット ~涙があふれるほどの美しいメロディーの便り

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2481位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。