わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KYOTO Art Blakey & the Jazz Messengers ~これぞ隠れ名盤。血の騒ぐ一枚

KYOTO
Art Blakey & the Jazz Messengers


みなさまお久しぶりです。
久しぶりにジャズを聴いてみたのだが、クラシックにはないメロディーの運び方がとても新鮮。クラシックとジャズ、それぞれにないところがとても刺激になる。

本作はウエイン・ショーター在籍時のABJMでの日本題材というか異国シリーズ。そのなかでも著名な一枚といえば、なんといっても日本の雨月物語をモチーフとした「UGETSU」。雨月物語とは幕末から明治にかけて上田秋成という文化人によって著された怪談集である。そこには人の願望や怨念などなど摩訶不思議な話題が繰り広げられており、現代社会でも十分通用する内容だといわれている。

和声的終始感の希薄であるモーダルな楽曲が日本のイメージにぴったりなのだろう。ここでのブレイキーのドラミングはハードバップを基調としながら激しくポリリズムを強調し、和声面同様に小節感を崩してゆくトリッキーなアプローチが面白い。ハイハットの使い方にそれがよく表れている。
参加メンバーもフレディー・ハバード、カーティス・フラー、シダー・ウォルトン、レジー・ワークマンなどの濃い面々。ショーター在籍時のABJMが好きであれば外せない一枚。1曲ブレイキーのいとこがボーカルを取っているのも興味深い。


■「UGETSU」何回聞いてもわくわくするショーター在籍期ABJMサウンド
■「CARAVAN」タイトル曲キャラバンの楽曲解釈が秀逸
スポンサーサイト

モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの渡辺貞夫

ずいぶん久しぶりの更新。公私ともども非常に忙しく動き回るこの頃。いろいろ作ってきた自分なりの表記ルールなどはもう忘れました。心機一転の再スタートですので末永くお付き合いよろしくお願いします。

冒頭の「サデオ・ワナタベ」という紹介でおなじみの本作。新喜劇のように舞台の上でずっこけて「誰がワナタベやねん!」とつっこむ光景が目に浮かぶのはわんわんわんだけではないはずである。そんな天然ボケではじまる本作は渡辺貞夫をかじったらライヴ・アット・ピット・インとともに入手すべき貴重な1枚なのである。

渡辺貞夫はソプラニーノサックスやフルートなど持ち替え楽器を演奏し、メンバーたちと丁々発止のやりとりをするのだが、やはり彼はアルトがピカイチ。チャーリー・パーカー級のスインギーで多彩な表現はエモーショナルで彼の最大の持ち味。

参加メンバーも20代の若いメンバーなのでナベサダの応酬に引けを取ることなく血気盛んな演奏である。増尾好秋(gt)、いまや重鎮である鈴木良雄(b)、角田ひろ(dr)。「角田ひろ」とはあのメリー・ジェーンで有名な「つのだ☆ひろ」なのだ。本作の方向性を特徴づけているキーマンはドラムの「角田ひろ」なのではないだろうか。

この頃の彼はきっと富樫雅彦の弟子として修行にいそしんでいたころと思われ、ジャック・デジョネットとバディー・マイルス(ジミヘンとの共演で知られる歌うドラマー)とジョン・ボーナムと師匠の富樫をごちゃまぜにしたようなスタイル。とにかく4ビートではデリケートだが力強くブラシワークは富樫の繊細を受け継ぎ、そしてファンクビートでは聴く者の体をゆっさゆっさと揺るがすソウルフルなビートが特徴。荒削りな部分もあるのだがパワフルなグルーヴの中でも繊細なダイナミクスの変化がつけられており、特に小さい音の表現力は聴く者をニヤリとさせる心憎い演奏技量だ。

海外で繰り広げられた若者たちとの「尖った演奏」と「これぞナベサダの醍醐味」といえるようなアルトのプレイが好対照な一枚だ。
期間限定のリリースなので、ナベサダをかじったならばぜひゲットすべし。


モントルー・ジャズ・フェスティヴァルの渡辺貞夫(期間生産限定盤)

Nightfall TRISPACE ~世界へと進化し続ける名古屋エリア発の最新作

Nightfall
TRISPACE


お久しぶりの更新となります。
平日は仕事から家に帰ったら眠るだけとか、休日は朝から小学校や中学校へ打楽器の外部講師をしているため公私ともどもに忙しく気が付けばずいぶんの間ブログ更新を怠っていたのだ。さすがにこれでは見ていただいている方々に申し訳ないとPCに向かったのだが、どうしても大会用の音源の聴きこみや譜面おこし依頼のきている楽曲の聴きこみなど、半ば「教育者、指導者」の立場で音を観察してしまい自分が最近リスナーとして音楽を聴いていないことに気が付いたのである。

そんな中ふと「そういえば」という気持ちで検索をかけたところ、引っかかったのが本作、現在は名古屋を代表するピアニストとして急成長を遂げている林祐市率いるピアノトリオ「TRISPACE」の最新作である。シンプルでありながらもどこか透明感を残した曲想がキース・ジャレットの影響を垣間見ることができる。本人に聞いたところ「わんわんわんさん、実は僕キース・ジャレットめちゃめちゃ好きなんっすよー」とのこと。

右手のメロディーラインの歌い方などテクニック的にはまだまだ進化の余地があるものの、インターバルの少ない音同志をぶつけ合う左手のハーモニーのタッチが格段に進化している。そんな技術の進歩、語彙の進化もあってかリリースを重ねるごとに彼の作曲センスがグングン磨かれており、いったんプレイヤーに本作を乗せてしまえば一気に彼らの世界観に引き込まれる。

聴くところによると日本国内よりもヨーロッパにて人気が出ているとのこと。ややもすれば逆輸入ピアノトリオになってしまうかもしれないというところである。本作もスウェーデンにての録音とのことで彼らの音楽性と北欧サウンドが一体となり、紛れもない彼らの最高傑作であり、これからも更なる進化をしてゆくであろう彼らから目が離せないのは言うまでもない。作曲家としてはもちろんのことプレイヤーとしての林氏の成長がとても楽しみである。

nightfall[日本語解説付き]

Moon Beams ビル・エバンス ~人生の転換期の1枚

Moon Beams
ビル・エバンス


最近はほとんどクラシックばかりでジャズを聴かなくなったのだが、たまにジャズやロックを聴くと「おかえりなさい」という感情と「ふるさとへ戻ってきた」という感情が交差する。帰省という言葉があるのだがたまには自分の耳を作ってくれた音楽へ立ち戻るというのも良いのではないかと思う。

さて、本作はビル・エバンスの作品の中でも地味なほうというのが通説である。それもそのはず、ビル最愛のベーシストであるスコット・ラファロを交通事故で失った後に、チャック・イスラエルを新ベーシストに迎えて録音されたトリオだからだ。スコット・ラファロを失った当時のビルは相当心が折れていたのではないかと思うのだが、心にぽっかりと空いた穴へ新メンバーとして加入たチャック・イスラエルである。前任者と比べられるのは後任の性で当然のことである。

アンサンブルの中でグイグイと自己主張をしてくるスコット・ラファロと比べてチャック・イスラエルはサウンドのサポートに注力しているというスタンスがラファロファンにとって「サウンドが地味になった」と取られるのは致し方ない。「ワルツ・フォー・デビー」や「サンデー・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード」と比べればベースの奏でるカウンターメロディーは格段におとなしくなっている。

これはある意味ビルの音楽性の変化がベーシストの選定に影響をあたえているのではないかと思う。確かにチャック・イスラエルはラファロほどグイグイと自己主張をしないのだがルートやコードトーンを弾き続ける野暮なまねはせず、程よい自己主張を残しながらも役割の根幹はバンドサウンドのサポートというスタンスなのだ。

ピアノのメロディーやドラムのブラシのこすれるさまに身を任せているのだが、いつのまにかベースに合わせて体が動いているのである。メロディーはピアノでパルスはドラムなのだが、楽曲のグルーブはベースなのである。チャック・イスラエルは楽曲の非常に良いところでリズム面やハーモニー面で「顔を出してくる」のである。かゆいところに手が届いているのだ。いうなれば職業ベーシストの鏡でエレキベースでいうと高水健司のようである。

派手さはないもののこういった名作は時代の勢いに埋もれそうで埋もれない。なぜならば転換期には過去を振り返り未来を思う心がそこにあるからだ。本作はビルの「再出発」を象徴する人生のランドマーク的な1枚ではないかと思う。

Moon Beams

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

デビッドT・ウオーカー フォー・オール・タイム ~ギター職人の凄み

デビッドT・ウオーカー
フォー・オール・タイム

おひさしぶりであります。
実に久しぶりの記事更新。やはり年末は忙しいのであります。

それはさておき、本作はスティービー・ワンダーやダイアナ・ロス、マービン・ゲイなど数々のモータウン系の歴史的名盤にて職人芸を披露してきた「ギターの名手」デビッドT・ウオーカーである。彼の特徴はなんといっても緩急自在のピッキングから生み出されるコードストローク。これをデローンと一発かまされただけでこの世はすべて彼に掌握されたも同然、エレキギターだというのにその音色の奥深さに心がわしづかみにされるのである。

さらにはボーカリスト以上によく歌うギターフレーズ。ヤマハのモニタースピーカーMSP3で聴くと、ピッキングのタッチの素晴らしさが生々しさと優しさが同時に襲ってくる。聴く人が聴けば弦に触れる時のピックの角度まで聞き取ることができるのではないかというほどだ。彼の歌うギターの秘密はピッキングの多彩さと繊細さなのである。

最新技術を駆使したコンテンポラリーなサウンドであっても、失われないノスタルジックなサウンドは本物にしか出せない職人技である。

フォー・オール・タイム

■わんわんわん愛用ヤマハのモニタースピーカー
スピーカーを変えただけで世界が変わるのだ。

YAMAHA MSP3 ペア

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
324位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。