わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BEST OF GREEN MIND'09 秦 基博 ~心に届く声

BEST OF GREEN MIND'09
秦 基博

「心に届く歌声」というのがある。なぜだろう、息遣い、ピッチの変化、強弱、ファルセットやミックスボイスなどの声区のきりかえと使い分けによる歌声の倍音成分の構成とコントロール、子音や母音など音節の処理、詞の解釈と表情づけ。歌には様々な要素があるのだが、やはり理屈を超えた踊ってとしての何かがその声にあるのだ。

本作はわんわんわんが所有する数少ない邦楽のCD。秦基博という名前は知っていたのだが詳しくは知らなかった。なにげなく店頭の試聴機で聴いてみたところ「心に届く歌声」が気になり1枚手に取りレジへ向かってしまったのである。

わんわんわんはあまり歌詞の意味とかを気にせずに聴く。歌詞がもつ言葉としての意味はほぼ聞き流しているのである。それがある意味「中立的な音楽との付き合い方」と考え、その音楽が音として良いものなのかどうかを基準に聴くのである。

しかし本作の秦が歌う声の音色が言葉のないメッセージとしての聴く者を自然と詩の内容へ誘い込む。それと同時に詩の内容が自然と歌声とシンクロする。詩の内容と歌声が歩み寄ったり離れたりと、歌い手の気の向くままに、聞き手の気の向くままに世界観が揺れ動くのである。

本人伴奏のアコギ1本の弾き語りなので、秦基博の非常に丁寧な切ない歌声は自由自在。時に透き通った音、時には力強い音、様々な表情へと移ろいゆく。これが「心に届く歌声」なのである。ぜひ手元に置いておきたい1枚だ。

BEST OF GREEN MIND'09

■秦 基博の「なごり雪」
仕上り感が半端ない。


■秦 基博の「カブトムシ」
これも然り。オリジナルよりも切ない。
スポンサーサイト

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

AFTER MIDNIGHT 上田正樹 ~切ない色の大阪の海

AFTER MIDNIGHT
上田正樹


いつもブームは突然訪れる。ドビュッシーブームが一息ついた現在のマイブームは現代クラシックのピアニストであるニコライ・カプースチンと上田正樹である。本作はご存じ名曲「悲しい色やね〜OSAKA BAY BLUES」が収録されている1枚だ。発売は1987年。デジタルシンセの音、音尻の長いスネアドラムのバックビート、ラジカセ全盛期80年代特有の音作りが懐かしい。

本作の中ではなんといっても彼の大ヒット作「悲しい色やね〜OSAKA BAY BLUES」が抜群の仕上がりである。大阪弁と詩の内容、そしてスモーキなトーンの上田正樹の歌声と息遣い、全身全霊を傾け切なく歌い上げる。レイ・チャールズやオーティス・レディングが持つあの切なさと同系統で、これがまた人情の街大阪の街の夜景によく似合うのである。

この切なく歌い上げるということはテクニックだけではどうにもならない。ある程度まではテクニックでどうにかなるのだが、あざとさが鼻についてしまう。歌の端々からも切なさをにじみださせるには、やはり全身全霊を傾けて歌いこむしかないのである。徹底的に役作りをする役者魂に似たような世界だ。

ベースラインが気になって参加ミュージシャンを調べたところ、やはりあの人の名前「高水健司」の名前がある。この人が弾くベースラインはメロディックな仕掛けが満載でありながら歌やメロディーを殺さずに楽曲のボトムをしっかり支えているから聴けば必ずピンとくる。

曲目リスト
1. ストレート・ライフ
2. イエローページは閉じて
3. レフト・アローン
4. HELLO, I LOVE YOU
5. 夜はもう止まらない
6. 悲しい色やね
7. ベイビイ・レディ
8. ピュア・マインド
9. ラストダンスは僕に
10. バラードまでそばにいて
11. 我が心のジョージア


AFTER MIDNIGHT

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

ALWAYS スターダスト・レビュー ~スタレビのボイスオーケストラ作品大本命

ALWAYS
スターダスト・レビュー


久しぶりの記事更新。大阪出張を無事におえ名古屋エリアへ戻るもののどうも体調が良くない。どうやら風邪をこじらせているようで直りかけては再び悪化し、3歩進んで2歩戻るような生活が続いて週末は寝込んでばかりであった。

そんな状況の中、手にするCDは必然的に手の届く範囲にあるものに偏り、舘野泉のシベリウス小品集などを聴いては戻しなどと(ダブって買っても悔しくないほど何度聴いても良い作品のだが…)繰り返すうち、ふと手に伸びたのが本作。スター・ダスト・レビュー(以下スタレビ)のボイスオーケストラ作品である。早速1曲目の「トワイライト・アヴェニュー」のコーラスワークに包まれ、偶然手が伸びたこの1枚が必然の出会いに変わる。

コーラスワークに定評のあるスタレビのボイスオーケストラ作品は「CHARMING」や「DEVOTION」など他にもあるのだが、本作は中でも最も人気の高い作品としてファンに認知されている。それはボイスオーケストラ版にアレンジしたセルフカバーを含め「昭和の心」をくすぐる選曲の妙なのである。

彼らのボイスオーケストラ作品のコンセプトは洋の東西をとわず自分たちが出会ってきた素晴らしい歌にリスペクトをこめてコーラスアレンジを施したものだから必ず「昭和の心」をくすぐる1曲がはいっている。「CHARMING」における「上を向いて歩こう」や名作「DEVOTION」における「元気を出して」などがそうで、本作は「オリビアを聴きながら」ではないかと思う。

やはりメインボーカルを務める根本氏は「女歌」が圧倒的にウマイ。キーが高くともファルセットに頼らずに歌い上げる力強くまっすぐな発声。いつのまにか引き込まれてしまう魅力がある。他にも名曲ぞろいで「夢伝説」の再収録バージョンや小田和正とのコラボなどもあり、何回聴いても十分楽しめる1枚である。

曲目リスト
1. トワイライト・アヴェニュー
2. あの娘のラブレター
3. 水曜日の午後
4. LADY PINK PANTHER
5. 夏の陽
6. オリビアを聴きながら
7. 翳りゆく部屋
8. 思い出はうたになった
9. 夢伝説 (2008年新録) (BONUS TRACK)

ALWAYS

【関連記事】スタレビ
■シベリウス:ピアノ小品集 舘野泉 ~ダブって持っていても全く苦痛ではない1枚
■DEVOTION スターダストレビュー ~探してでも手に入れたい「アカペラ」ものの1枚
■HOT MENU スターダスト・レビュー ~スタレビ真のベスト盤

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

一触即発 四人囃子 ~日本語プログレを侮ること無かれ!

一触即発
四人囃子


このごろ音楽家の訃報が目に付く。2014年1月20日は世界的指揮者のクラウディオ・アバド氏。オーケストラの楽団員が思わず絶叫してしまったというラヴェルのボレロが稀代の名演とされている。そして2014年1月16日には音楽プロデューサーの佐久間正英が永眠した。

佐久間氏がプロデュースしたバンドはGRAYやブルーハーツなどなど、日本のロックシーンに無くてはならない「時代を作った人」であった。氏は日本が誇る日本語プログレバンドのさきがけ「四人囃子」のメンバーであることは周知のことだ。

本作は佐久間氏が参加する前の作品で四人囃子のファーストアルバム。佐久間氏のことに触れておきながら本作を紹介するのは少し違う気がするが、氏の訃報に触れたときに本作のことを思い出したのであながち間違いではなさそうだと思っている。ちなみに佐久間氏はセカンドアルバムからの参加となっている。

さて内容についてなのだが「日本語プログレを侮ること無かれ!」。本作のことを人々は「日本語ロックの名盤」「歴史的名盤」というのだが全くそのとおりである。これが1974年の音だとはにわかに信じがたい。

キングクリムゾンを髣髴させる非常に高い演奏技術と独特のプログレッシブな楽曲、そこに乗っかる唯一無二な世界観を持つ日本語の歌詞。収録曲も「おまつり」「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」「一触即発」…、捨て曲なしである。特に「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」は衝撃モノである。

残念ながら本作は非常に入手が難しくなってきているようだ。もしどこかで出あったならば必ず手に入れておきたい1枚だ。

一触即発(+2)(紙ジャケット仕様)

【関連記事】
■MINAKO ~吉田美奈子
■SPACY 山下達郎~「うわぁ!」と1曲目からグイッと引き込まれる1枚
■美しい星 赤い鳥 ~翼をください
■SONGS シュガー・ベイブ ~これぞエバー・グリーンなJポップの金字塔
■BELLS 吉田美奈子 ~世界でたった3000枚の「幻の名盤」

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

DEVOTION スターダストレビュー ~探してでも手に入れたい「アカペラ」ものの1枚

DEVOTION
スターダストレビュー


J-POPのグループの中でもその実力の高さから根強いファンがいるスターダストレビュー。彼らのアルバムの中でも特に「アカペラアルバム」として秀逸な内容で一目おかれているのが本作だ。厳密に言うと伴奏楽器が若干使用されているので完全な意味での「アカペラ」ではないのだが、通称「アカペラアルバム」とされている。

メインボーカルをつとめる根本要氏の丁寧な発声、シンガーズ・アンリミテッドを彷彿させる見事なコーラスワークス。そして遊び心のあるコーラスアレンジ。彼らはこのカラフルなコーラスワークをボーカリーズでもアカペラでもなく「ボイス・オーケストレーション」と呼ぶ。

「ダニーボーイ」やビートルズの美メロナンバー「IN MY LIFE」、などなど古今東西の名曲をチョイスするところに選曲の妙がキラリと光る。彼らの代表曲「シュガーはお年頃」のボイスオーケストレーション版のなんと楽しいこと。「マシュ・ケ・ナダ」のアグレッシブな遊び心。中でも竹内まりやの「元気を出して」は根本のハイトーンボイスの良さも手伝い破壊力が抜群だ。これを聴くととてもうれしくなる今日この頃である。

曲目リスト
1. ダニー・ボーイ
2. IN MY LIFE
3. 雨にぬれても (RAINDROPS KEEP FALLIN’ ON MY HEAD)
4. マシュ・ケ・ナダ (MAS QUE NADA)
5. 星に願いを (WHEN YOU WISH UPON A STAR)
6. 元気を出して
7. シュガーはお年頃
8. 不思議なチ・カ・ラ
9. Beautiful Dreamer
10. SILENT NIGHT|WHITE CHRISTMAS
11. ジャスミン
12. HAPPY X’MAS (WAR IS OVER)
13. ダニー・ボーイ (Solo Version)
14. 故郷 (Bonus Track)
15. 大きな古時計 (Bonus Track)
16. 夏の思い出 (Bonus Track)


DEVOTION

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
2481位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
236位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。