わんわんわんの名盤探索

わんわんわんがオススメする名盤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローラン・ディアンス「ヌアージュ」 ~久しぶりの戦慄を覚えた一枚


お久しぶりです。だいぶ経ちましたがお世話させていただいているマーチングバンドの全国大会が終了しました。子どもたちも遠征は初めてで全く知らないところで演奏することはさぞかし緊張したかもしれません。しかし「楽しかった」という声もちらほら聞こえたので、練習の成果が発揮でき結果につながったのではないのかなと思いました。

しかしまあ、いろいろなジャンルの音楽に手を出していると、だんだん感動に対する耐性がついてくる。音楽を教える立場でもあるので、ことさら冷静に分析しながら聴いてしまう癖がついていることもあるのだろう。だがしかし、先日気まぐれでたまたま合わせたラジオから流れるクラシックギターの音に心を奪われたのである。ローラン・ディアンスとの出会いである。その音色、表現力、テクニックすべての点でラジオから流れてくるその音へ久しぶりに戦慄が走ったと言っても過言ではないのだ。とにかく「神ってる」のだ。

早速ローラン・ディアンスとはどんな人なのかを調べてみると、

「ローラン・ディアンスは、フランスのクラシックギター奏者、作曲家、編曲家。 チュニジア出身。クラシックギターをアルベルト・ポンセに、作曲をデジレ・ドンディーヌに師事。いくつかの作曲やギターのコンクールで入賞した。 演奏者として即興演奏の能力で知られている。」

とのこと。彼についていろいろ調べてれば調べるほど同業者であるギタリストから寄せられる賛辞が多いことに気が付く。それもそのはず一度再生ボタンを押せばもう止まらないのである。

数ある彼の作品の中でも特に内容が濃い一枚が本作「ヌアージュ」である。ヴィラ・ロボスの名曲「ブラジル風バッハ 第5番 アリア」であろうとも、セロニアス・モンクの「ラウンド ミッドナイト」であろうとも、ジョビンやサティー、はたまた演奏中にチューニングペグを回してしまうような(ネックベンドかも?)実験的な自作の楽曲まで自在に弾きこなす。

丸い音、尖った音、優しい音などギターで出せる音は全て使うといってもよいくらいの多彩な音色と丁寧で多彩なテクニックだ。彼の手元から繰り出される玉手箱のような音は全く嫌味な感じではなくすべてが意味をもって演奏されている。

しばしばギタリストは「器用さを求められる楽器」なので特にその傾向がつよく「上手いだけ」「速いだけ」に陥りがちである。しかしディアンスは多種多様なジャンルを卓越した感性で自分の音楽として表現し、様々な超絶テクニックはすべては音楽のためという彼のスタンスをガッツリ思い知らされる1枚である。

しかし悲しいかな、彼の作品と出会うのは今では「かなりレア」な事となってしまっている。今一度この素晴らしいギタリストの作品群の再発を強くここで訴えたい。




スポンサーサイト

指揮者が音楽をつくるということ~動けなくなるほどの感動

最近は教えに行っている学校のブラスバンドなどで指揮をする機会が増えている。指揮ほど観ているのとやってみるのとではむずかしさの度合いが断然違うものはない。指揮者の役目とは、ずばり「音楽を作り上げること」なのである。具体的には大勢のアンサンブルを相手に音のタイミングやブレスの位置を指示したり、各楽器のバランスを支持したり。などなど、演奏や合奏までに準備しなければならないことがものすごく多い。

スコアを目前に蛍光ペンでメロディー、ハーモニー、カウンターメロディー、ベースノートをそれぞれ異なるマーカーでマーク。事前にそれぞれの役割を明確に把握して演奏へ反映させるためなのだ。そして、ダイナミクスなどの楽曲の展開やドミナントサブドミナントドミナントなどの和音の機能などをスコアから読み取り、和声的にどのように楽曲の中でメロディーが解決しているのかを分析。ただの音符の羅列をどのようにしてドラマティックに聴かせるかを分析。指揮をするというのは音楽を作るということであるので、ものすごく事前準備の量が多いのである。指揮者の役割とは指揮棒を振ることよりもこの楽曲分析をしっかり行い演奏設計してゆくことなのである。
奏者に対してこちらの意図に沿った演奏をしてもらうための基礎練習はどんなことが必要なのかを考えて子どもたちに練習させる。指揮者の役割は膨大である。ホントに見ているのと実践するのでは大違いと実感させられる。なので本格的に「指揮の基礎だけでも身に着けたい」と思い、「斉藤秀雄メソッドによる指揮法 」を入手。これがとんでもない代物であった。

大アンサンブルを前にした指揮者の主な役割としては「ブレスのとりかた」「フレーズの歌わせ方」、の前にテンポの指示とか歌わせ方の指示など、楽曲のグルーブのさせ方を分解してこれ以上分解するのは不可能であろうというレベルまでにおとしこんで身体の動きと楽曲のグルーブまで掘り下げているのである。ものすごく単純化された身体の動きがパッションあふれる感覚のグルーブと一致する感動を覚えるのである。さすがは指揮法の教則本のスタンダードである『指揮法教程』が指揮法のスタンダードで有らしめるだけの内容の濃さはある(指揮をしてみた人限定)。単純な動きの中にこれほど密度の濃い音楽が詰まっていたのかと驚くのであった。

上記を踏まえて最近Youtubeにて見つけた動画がものすごいのである。サイモン・ラトルの本能によって計算されつくした身体的な動きとオーケストラのサウンドに「動けなくなるほどの感動」をおぼえざるを得ない。フレーズを歌う、ダイナミクスを歌うというのはこういうことなのかと愕然させられる仕上りなのである。



■斉藤秀雄メソッドによる指揮法
奏者に対してビートを点として伝える際の腕を動かす時の加速の付け方、1拍を分割して譜割どおりのフレーズを振る時の歌の伝え方などなどが実際に映像で確認できる貴重な学習資料。

斉藤秀雄メソッドによる指揮法 [DVD]

■指揮法教程
上記DVDの書籍版。こちらのほうが入手しやすいが、やはりどのように動かすのかというのは動画のほうが伝わりやすい。

【改訂新版】 指揮法教程

ライヴ・イン・ウィーン アストル・ピアソラ ~ピアソラの歴史的名盤

ライヴ・イン・ウィーン
アストル・ピアソラ


久しぶりの記事更新。
出張などが重なり思うように時間が取れない中、前から目をつけていた本作「ライヴ・イン・ウィーン 」。隙間時間を作ってはこのCDを探しに行っていたのだが置いていないのである。日本有数の品ぞろえを誇るタワーレコード渋谷店にもなかったのである。

それもそのはず、本作は「民族音楽」のくくりで、クラシックの棚を漁っても出てこないのであった。ピアソラ自身はタンゴの人で、クラシックのカテゴリにピアソラの名前があるのは、ピアソラの楽曲がクラシック奏者に好んで取り上げられることが多いからだ。

さて本作はピアソラのライブ音源の中でもかなり評価の高い1枚だ。彼の代表曲である「ブエノスアイレスの冬」や「リベルタンゴ」のライブ音源の決定盤とか歴史的名演ともいわれており、内容は折り紙つきの超一級品。

ピアソラのバンドネオンが奏でる生々しい息遣いが白熱してバンド全体をグルーブさせてゆく様、それを見守る観客。一旦再生ボタンを押してしまえば書き譜だとかアドリブだとか、クラシックやジャズなど音楽をとりまく様々なカテゴライズなどはどうでもよくなり、いつの間にか固唾をのんで緊張感あふれるステージの成り行きを見守る観客と同化している自分がそこにいるのである。

ライヴ・イン・ウィーン


■Tango: Zero Hour アストル・ピアソラ ~アルゼンチンタンゴの傑作
■Together - 弦の新世紀 ナージャ(Vln),ニューセンチュリー室内管弦楽団 ~こんなにグルーブする弦楽ものはそうそうない

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

スパーク! スパーク!!スパーク!!! スパーク&シエナ ~音だけでご飯がススム名盤

スパーク! スパーク!!スパーク!!!
スパーク&シエナ WO

最近なんだかやたらと忙しい。ありがたいことに吹奏楽やマーチングバンドの打楽器指導者としていろんな学校から声がかかるのだが、体は一つなので一度に指導できるのは一校のみなのである。そしてやはり「芸術の秋」という言葉のとおりコンテストが集中するこの時期だからだろうか、いろんな課題楽曲の聴きこみと譜面のチェックに追われる日々だ。

教えに行っている学校の一つでユーフォニウムの生徒たちと会話をすることがあり、そこで話題に挙げたのが「パントマイム」という曲であった。吹奏楽経験者にとってなじみのあるフィリップ・スパークの傑作、ユーフォニウムがフューチャーされた「パントマイム」という楽曲である。

その子たちに「外囿祥一郎のパントマイムを聴け!借金してでもCDを手に入れろ!」とか「最初の4小節だけでご飯が3杯くらい食べられるほどの絶品な音色」など無茶無茶なことを言ってきたのだが、Youtubeで生徒たちに「パントマイム」を聴かせてみると「音色がヤバイ!」とか「超はえー」とか「これはご飯がススム音色だ」とか面白い反応が返ってくる。一見は百聞に如かずなのである。

本作はその「パントマイム」の作曲者フィリップ・スパークが題名のない音楽会とかでおなじみのプロの吹奏楽団「シエナ・ウインド・オーケストラ」を指揮したライブ録音アルバム。日本有数のプロの楽団を作曲者自ら指揮した自作自演の一枚なのだ。

スパークはイギリスの作曲家でブラスバンドや吹奏楽のための作品を中心に活動している。彼にとって指揮は本業ではないのだが、やはり自作自演ということもあって楽曲の解釈はかなり深いところまで達している。そんな彼の演奏指示にこたえることができるシエナ・ウインド・オーケストラもさすがである。

本作には一通りのスパークの人気楽曲がライブ録音で収録されているのだが、やはり極めつけは外囿祥一郎が作曲者本人の指揮で演奏する「パントマイム」。脂ののったブリをしゃぶしゃぶでいただくくらいの幸せな気分でこれまた格別に絶品である。

スパーク! スパーク!!スパーク!!! (2枚組ALBUM)

■外囿祥一郎(ユーフォニウム)の演奏するパントマイム
これがYoutubeで生徒たちに見せた動画。最初の数小節だけで涙があふれるほど美しい…。

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

トッカータとフーガ PJBE ライヴ・イン・ジャパン PJBE ~これは名盤、まさかの鳥肌まさかの涙腺…

トッカータとフーガ PJBE ライヴ・イン・ジャパン
PJBE

最近は小学校のマーチングバンドにて休日パーカッション講師をしているのだが、近隣の中学校でも教えるようになった。まさか自分のなかでの「道楽」の部分が社会貢献につながってゆくとは思いもせずびっくりしているのだが、どうせやるなら子供たちに譜面の読み方、スティックの動かし方、マレットの動かし方、楽器間の移動、無理のない体の使い方、自分の音と他人の音の聴き方など、ゆくゆくその子供たちの人生を豊かにする「最高の宝物」を手にしてもらいたいと一生懸命頑張って教えている。流行っているうちが華、「打面よ、打面打面~」というギャグも通じるうちに使わせてもらっている。むろん箸が転んでも笑い転げる小中学生は大爆笑である。

教える側である自分も研鑽を積まねばと思い、10数年使ってきた打楽器の練習台を新調しルーディメンツのおさらいを暇さえあればしているのだが、これが翌日・翌々日の筋肉痛として跳ね返ってくるので自分も若くはないのかなとひっそり思う今日この頃。

それはさておき、以前本ブログにて取り上げた「ジャスト・ブラス PJBE」のブラスアンサンブルの先駆けにして究極形であるフィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブル(以下PJBE)。本作は彼らの作品でひときわ珍しいライブ録音ものである。しかもライブ・イン・ジャパンとのことで、日本にて行われているレアな音源だ。内容はもちろん絶賛もので、テクニック、音楽性、ユーモアすべてをてんこ盛りにした豪華な仕上がり。観客の反応もよく、演奏者よし、会場よし、観客よしの「3よしアルバム」なのである。

金管楽器は吹く強さによって音色がものすごく変化するので、1本の楽器で様々な音色が演出できる。フレーズのキャラクターは各プレイヤーのさじ加減ひとつで様々に変化しうるのが特徴だ。PJBEは各個人の技量や音楽性も非常に高く、複数人のビブラートの周期とピッチがぴったりそろう部分は鳥肌もの。なぜテンポルバートでそんなにそろうのだと、長2度のインターバルを含む複雑なハーモニーでそんなにかっちりと決まるのか、なんでそんなにタンギングが早いのか、言い出せばきりがない。もうこれは劇場仕込のベテラン俳優のような音楽集団だ。

曲目はタイトル曲(いわゆる「鼻から牛乳」)にもあるようにバッハの楽曲が圧巻。どちらかというと「頭で聴く」要素の多いバッハの楽曲でまさか鳥肌がたったり涙腺がゆるんだりするとは思いもよらず、久しぶりに音楽で自分の動きが止まって聞き入った傑作である。アンコールの演目であるジャズスタンダードのスター・ダストも心の琴線を確実にとらえる仕上がり。捉え方は人さまざまで、もちろん酒を飲みながら気楽に楽しむもよし、モニタースピーカーで研究材料として緻密に覗き込むように聴いて感服するのもよし、素材というか音源というか内容が良いだけに楽しみ方も満載である。

トッカータとフーガ/PJBE ライヴ・イン・ジャパン

テーマ:本日のCD・レコード - ジャンル:音楽

 | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

わんx3

Author:わんx3
わんわんわんの名盤探索へようこそ!世の中の大名盤はもちろんのこと隠れ名盤も紹介いたします。

興味があったら即購入できるようAmazonのリンクも貼り付けておきました。

FC2 Blog Ranking

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
■クラシック 未分類 (77)
クラシックピアノ (37)
器楽曲 (7)
クラシック 吹奏楽 (2)
■ジャズ 未分類 (257)
ジャズピアノ (63)
ジャズトランペット (11)
ジャズサックス (38)
ジャズギター (15)
ジャズボーカル (43)
ジャズドラム (16)
ジャズベース (10)
ジャズその他 (12)
ビッグバンド (18)
コンテンポラリー (21)
ラテンなど (10)
■ポップス 未分類 (43)
ファンク・ソウルR&B (17)
ロック (5)
Jポップ (13)
■その他身辺連絡など (31)
練習台自作 (16)

RSSリンクの表示

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
3391位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
324位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。